Excelファイルを無料で回復

Excelファイル復元EXCELは電子スプレッドシートプログラムで、主にデータ保存、整理、操作に利用されます。縦列と横列があり、それらに数字を入れ統計や計算をします。

EXCELファイルで作業中の変更を保存しないまま誤って閉じてしまったことがありませんか。またはファイルが壊れて開けなくなったことがありませんか。そんな時、破損したEXCELファイルを回復できないかと思いませんか。実は、お勧めできるいくつかの方法があります。これらのEXCEL回復ツールを使えば、事故的にファイルを削除した場合、システムの故障、その他の原因でもファイル復元は可能です。

二通りの無料なEXCELファイルを復元する方法

方法1:EXCELリペアで破損したEXCELを回復

これは失ったEXCELファイルの簡単な復元方法です。そのステップは次の通りです。

ステップ1:新規のEXCELワークブックを開く

ステップ2:メニューの"ファイル"から"開く"をクリックし、必要なファイルを選択

ステップ3:"開いて修復する"をクリック(ファイルが開けない場合は、"データの抽出"をクリック)

ステップ4:確認のため“はい”をクリック

開いて修復する

手順はこれだけです。この方法が有効な場合はEXCELファイルを参照、編集することができます。

方法2:ADRCデータリカバリーツールズ(無料ソフト)

ADRC データリカバリーソフトウェアツールズは、シンプルなユーザーインターフェイスで、各種ファイルシステムやドライブに対応するツールセットを備えています。削除されたデータや失ったデータを復元する無料ソフトで、決定的な回復機能を持っています。削除の取り消し、ファイルのコピー、ハードドライブからイメージファイル作成ができます。しかしこのソフトは上書きされていないデータファイルのみを回復します。

ADRCで削除したExcelファイルの復元方法:

ステップ1:Tools Menuをクリック>Undelete Files

ステップ2:ドロップダウンメニューからEXCELファイルがあるドライブ名を選び、"Search"をクリックこれでデータメディアのスキャン開始です。

ステップ3:必要なファイルを選択し"Undelete Files."をクリック

ADRCデータリカバリーツールズ

破損したEXCELファイルを回復するためのApowersoft データリカバリー

このソフトは二つの復旧モードがあります。ウィザードモード- 簡単な操作ガイドで初心者向きモードです。標準モード- 五つの復旧オプションがあり、最も注目すべきEXCEL回復ソフトです。その他このソフトの利点はMac にもWindowsにも使える点です。パソコンや外部ハードドライブで失ったファイル、削除されたファイル、破損ファイル、初期化されたドキュメントにも有効です。

ダウンロードアイコン

EXCELスプレッドシートの回復方法

ステップ1:ウィザードモード、通常モードのいずれかを選択

ステップ2:ウィザードモードの場合は回復プロセスのための二つの質問に答えて下さい

ステップ3:破損したエクセルを回復するために保存先を選び“Start”をクリックするとファイルスキャンが開始されます

ステップ4:復元したいファイルを選択し、"Recover."をクリック

Excel回復ソフトスクリーンショット

各方法の良い点と悪い点

修復方法は非常に簡単ですが必ずしも成功するとは限りません。 ADRCデータリカバリーソフトウェアツールの良い点は使いやすさですが、残念ながらウィンドウズでしか使えません。またおすすめの対象が初心者のみという点もあります。これら三つのオプションではApowersoft データリカバリーが他より良いかもしれません。なぜならMac にもWindowsにも使えるからです。またそれ以上に、初心者にも上級者にも適しているということも重要です。Apowersoft はパワフルな機能を持つEXCELファイル回復アプリとして最高の選択と言えるでしょう。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.6/5 (21 votes cast)
Excelファイルを無料で回復, 2.6 out of 5 based on 21 ratings

何かあったら遠慮しないで言ってください

キャンペーン広告

リソース記事

ブックマーク

広告