【iOS 10】iPhone7シャッター音とスクリーンショット音を消す方法

前回更新 2016/10/11 更新者

セルフィーが流行っている今、あちこちで自撮りをする人をよく見かけます。また、バスや電車の中でスクリーンショットをする人も多いでしょう。こんな時、別に盗撮しているわけでもないのに、スマホが「カシャッ」と鳴り、周囲が変な空気になってしまうことに悩んでいませんか。

ステレオスピーカーになったことで、iPhone7の音がよくなった一方、カメラのシャッター音やスクリーンショット音も大きくなり、困っていますよね。周りに迷惑をかけないように、人に誤解されないように、どうすればいいですか。では、簡単なiOS 10を搭載しているiPhoneとiPhone7シャッター音・スクショ音の消し方について、ご紹介いたします。また、撮った写真をpcに移したければ、この記事をご参照ください

ios10の設定によるシャッター音消音

  • iPhone7で順に「設定」→「一般」をタップします。
  • その後、「一般」→「アクセシビリティ」に進みます。
    一般
  • 「アクセシビリティ」で「Assistivetouch」があります。
    assistivetouch
  • 「Assistivetouch」を「on」にし、「最上位メニューをカスタマイズ」を選択します。
    オン
  • 「6個のアイコン」の右側にある「ー」を何度もタップします。
    カスタマイズ
  • 「カスタム」だけを残し、タップします。
    カスタム
  • 「消音」を選択し、「完了」をタップします。
    消音

これで準備は終わりです。Assistivetouchボタンをタップすることによって、「消音」と「消音解除」状態に切り替えできます

具体的なやり方は、スクリーンショットを無音で撮影するには、撮影したい画面で「AssisitiveTouch」ボタンをタップし「消音」と表示されてからスクリーンショットを撮影します。また、撮影するには、画面上の「AssisitiveTouch」ボタンをタップして「消音」の表示を確認してからシャッターを切ると無音撮影ができます。

iPhone7だけでなく、ソフトウェアアップデートさえすれば、iPhone6sやiPhone6、iPhone5sなどでもカメラのシャッター音を無音にすることができます。つまり、上記はiOS10のシャッター音を消す方法です。

また、Assistivetouchボタンが邪魔だと思った方は、設定完了後、ボタンをオフにしても効果は続きますので、ボタンを隠しても大丈夫です。ただし、ボリュームを調整したり、マナーモードを切り替えたりすることによって、消音状態は元に戻りますので、ご利用になる前、再び消音を忘れないように、iOS10の小機能を活用しましょう。

評価: 4.3 / 5 (合計171人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2016/09/26 関連カテゴリ: 豆知識 前回更新 2016/10/11

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (2)

  • 評価したあとですが、 この通りに実行しましたが、消音という表示にはなりませんでした。 ボタン出てますが、着信音量とサイレントにしかマークが切り替わりません。 何か間違っていますでしょうか? iPhone7です。
    30
    7
    1
    返信
    • お世話になっております。 こちらで記事の手順通りに実行致しましたが、 問題なく消音できましたが。。。
      0
      5
      0
      返信
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る