証明写真を自分で作るやり方

入学願書や運転免許書、パスポート上に、証明写真を貼る必要です。けれど写真屋さんや証明写真ボックスでなかなかいい写真が撮れなくてイライラする時もきっとあると思います。実は簡単に証明写真を自作するソフト・アプリがあります。この記事では詳しく説明していこうと思います。

無料ダウンロード
証明写真を自作する方法

証明写真を自作するソフト・アプリ

Apowersoft画像背景消すソフト

「Apowersoft画像背景消すソフト」はAIテクノロジーを使用して自動的にアップロードした画像の背景を透明にすることができます。さらに、たくさんの背景色と背景画像素材が用意され、写真の背景を白くしたいなどの場合にピッタリだと思います。証明写真を自分で作るやり方は以下です。

  1. 以下のボタンを押してソフトをダウンロードしてインストールします。その後立ち上げます。
  2. 無料ダウンロード

  3. 「ポートレート認識」を選びます。
  4. 写真がアップロードされた後、すぐに自動的に背景が消されます。
    写真の背景を消す
  5. 「背景を変更する」>「色」の順にクリックして、簡単に自撮り写真を使って証明写真を作ることができます。
    画像の背景色を変える
  6. 必要であれば、「背景を変更する」>「画像」の順にクリックして画像素材や保存された画像をアップロードして、背景として使用可能です。
    写真の背景を変更する
    背景をアップロードする
  7. 最後に「保存」を押して自作した証明写真を保存します。

ProKnockout

白い背景の証明写真が多いため、Android、iPhone両方に対応している写真背景白くするアプリProKnockoutがオススメです。実はこのアプリを利用すれば証明写真背景を白くするだけでなく、普通の写真を証明写真にすることも可能です。普通の写真を証明写真にする方法は以下です。

  1. ProKnockoutをスマホにインストールして起動します。
  2. 「Cutout(カットアウト)」を選択します。
  3. 「Album(アルバム)」をタップして、写真を選んでインポートします。「Next(次へ)」>「Portrait(ポートレート)」の順にタップして、「Keep the object(対象を保留)」を選択すればすぐに写真から人物を切り出すことができます。
  4. 「Next(次へ)」、それから保存タブをタップして、「Sticker(ステッカー)」を選択してください。
  5. 「Superimpose(重ねる)」>「Stickrer(ステッカー)」の順にクリックして、「Foreground(全景)」の下で「Album(アルバム)」を選択し、背景を通過された写真を選びます。「Background(背景)」の下で「Colors(色)」を選択して必要な背景色を選びます。
  6. ここまで完了です。右上の保存タブをタップして証明写真を保存します。
    ProKnockout

最後に

証明写真を自作する方法、及び写真の背景色を変えるアプリ・ソフトを紹介しました。スマホアプリはとても便利ですが、日本語に対応していないため、英語が苦手な方にとってちょっと困りますよね。それに比べて、「Apowersoft画像背景消すソフト」の方が使い方はもっと簡単で操作性もより高いだと思います。

評価: 4.3 / 5 (合計23人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

Apowersoft画像背景消すソフトを無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る