iOS 13:知っておくべきこと機能
コメント

iOS 13:知っておくべきこと機能

前回更新 2019/06/06 更新者

Appleの最新のソフトウェアであるiOS 13が、大小さまざまな新しい機能を携えてやってきます。ダークモード、新しい写真ツール、スワイプ式キーボードは、特に目玉です。新しいマップツール、セキュリティー機能、ミー文字アバターのカスタマイズも、組み込まれています。Appleはいくつかの機能をハイライトしていますが、同社は9月の新作iPhoneのお披露目に向けてサプライズを用意していることがよくあります。まだ発表されていない機能があるかもしれません。

全てに対応のダークモード

ダークモード

明るい画面を暗い画面に変えるダークモードは、カレンダー、ミュージック、写真アプリなど、iOS 13の中心的なアプリに対応しています。これはシステム全体に対応しているようですが、例外があるかどうかはまだわかりません。ダークモードは、人気のトレンドで、Android Qにも組み込まれる予定です。

スワイプ式キーボード

Androidユーザーであれば、Swypeなどのサードパーティーアプリを通じて、数年前からスワイプ式キーボードに慣れているかもしれません。Appleにも、遂にこの機能が追加されました。指なぞりでの入力ができるようになります。

Appleでは、QuickPathタイピングと呼んでいます。より早く、バーチャルキーボードをせっせと打ち込むのと同じくらい正確です。そして、文字の予測も表示されます。片手打ちの際は、特に便利な機能です。

写真用のポートレイトライトと動画の回転

新しい写真タブでは、Appleが新しく追加したツールにアクセスできます。例えば、重複した写真を削除して、一番いいものをハイライトします。

ポートレイトライトは、iPhoneのカメラアプリのツールで、肌を滑らかに見せるために照明効果を加えてくれます。強さと照明の場所は変更が可能です。

ヴィネット、バイブランス、自動解像度向上機能、騒音軽減機能などのより多くの編集フィルターが、アクセントを加えてくれます。

指でタップしたりドラッグしたりすることで写真を調節することが出来る編集機能も付いてきます。編集機能は動画にも付きます。つまり、誤った画面の向きで動画を撮影してしまったら、動画を回転させることが出来きるということです。新しいフィルターや動画効果も使用できます。

iOS 13のその他の新しいカメラ機能

カメラ

  • 写真アプリは、自動的に年、月、日にちで写真を整理します。これによって、写真を見つけることが容易になります。
  • ライブフォトや動画は、スクロールする際に再生します。
  • 年、月、日にちごとに写真が閲覧できます。

iPhoneを探す機能と友達を探す機能が一緒に

うわさは本当です。Appleは、「iPhoneを探す」と「友達を探す」を一つのアプリに融合しました。「Find My」という機能です。オフラインかどうかに関わらず、近くにいる友達の状況を確認できますが、本当に素晴らしいのは、オフラインであってもBluetoothの信号を使って紛失したデバイスを見つけることが出来るということです。(ソファーの下に落ちてしまったiPhoneなど。)

Appleによれば、ツールは暗号化され、匿名であるため、ユーザー自身がアクティベートしない限り、泥棒がiPhoneのインストールや再起動をすることはできません。

Appleにサインインにはメールアドレスが含まれない

Appleにサインインの新しいプライバシー機能では、メールアドレスを入力せずにアカウントやアプリにアクセスできます。Appleによれば、これによってサードパーティーアプリの追跡からユーザーを保護してくれます。

これは、Apple版の「Facebook、Googleでログインする」です。これらのツールは、ユーザーをオンライン上で追跡することを可能にします。しかし、Apple版では、ログインする際のログイン情報の認証にiPhoneやiPadを使います。タップするだけで、ご自身の個人情報を明かすことなく、Face IDで認証できます。

メールアドレスの共有や非表示も選択可能で、本物のメールアドレスに転送してくれる、ランダムなメースアドレスの作成をAppleに依頼することもできます。こうすることで、ジャンクアカウントを作らなくても、個人情報を明かさずに済みます。

Appleは、WiFiやBluetoothからアプリが位置情報を追跡することを防ぎ、位置情報を求める際は、毎度アプリが承認を求めるようにするかどうかも設定することが出来ます。

声が変わったSiri

Siri

Appleの新しいボイスアシスタントのSiriは、iOS 13でオーディオのアップデートがありました。今までのそっけない声ではなく、Siriはよりスムーズで耳にやさしい音になっているはずです。AIソフトウェア(特にニュートラルな会話ネットワーク)を使用し、不自然な間や人間らしくない変調が軽減されます。

iOS 13のSiriはAirPods、 HomePod、CarPlay、Safariでも機能:

  • ショートカットアプリを使ってカスタマイズされたショートカットを作る。
  • カスタマイズしてテンプレートを作成できるための、おすすめ自動化。
  • 受信直後にメッセージを読み上げるため、すぐに返信が可能。
  • タップ1度で映画や歌を友達と共有。
  • iPhoneからHomePodに、電話や音楽をハンドオフ。
  • CarPlay:Siri ショートカット機能はここでも機能。家に近づいてきたら、車庫を開けるように提案することも可能。
  • Siri ショートカットは、Safariブラウザにも対応。

ミー文字アバターがメッセージに

ミー文字アバター

Appleのメッセージアプリでは、ミー文字プロフィールに対応しています。これは、ユーザーのミー文字のサムネイル(ユーザーの顔の絵文字)が、メッセージアプリに表示されるということです。新しい操作で、カスタマイズ、メイク、歯に矯正器具をつけることも可能です。また、すべてのiOS 13対応機種にスタンプパックもついてきます。

iMessageは、デュアルSIMスマートフォンでも機能します。(残念ながらこれ以上の情報はありません。)

iOS 13の新しいアプリ

  • メール:たくさんの新しいフォント。
  • メモ:新しいギャラリー閲覧と共有フォルダに対応。
  • リマインダー:いつどこでリマインダーすべきかの詳細の追加が可能。
  • スマートリスト:他の人に通知を送るために、人をタグ付け。例えば、話し合いの時間を設定する場合。
  • 地図:2019年末までのApple Carplayサポートが得られる。道路、ビーチ、公園、建物、を閲覧したり、お気に入りとして場所をタグ付けしたりできる。Collections機能では、友達と共有できるお気に入りのリストを出すことも可能。Look-around機能では、高精度の3Dビューを楽しめる。Landscapeビューでは、スムーズに道路を閲覧できて、ラベルをタップすれば、新しい場所の詳細が知れる。

    マップ

その他のiOS 13の機能

  • 全てのスパムを留守電に接続、非通知はサイレンス。
  • メールのスレッドをミュート。
  • カレンダーのイベントに添付の追加。
  • ミュージックの再生中の歌詞の同期表示。
  • Minecraft Earthなどの3D ARアプリに対応。
  • 30%速度が増したFace IDでのアンロック。
  • アプリを開く速度が2倍に。
  • ダウンロードは50%、アップデートは60%縮小。
  • 低電力モード。
  • 38種類の言語キーボード。
  • アプリごとの言語選択。
評価: 4.3 / 5 (合計10人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ:iOS関連情報 前回更新 2019/06/06

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る