PDFをExcelスプレッドシートに簡単に変換する方法
コメント

PDFをExcelスプレッドシートに簡単に変換する方法

前回更新 2019/08/07 更新者


PDF文書にある表を編集したりデータを計算したりする時、表をExcelに取り込んだ方が、作業が簡単になるでしょう。ここでは、PDFのテーブルをExcelに変換するためのツールをいくつか紹介します。

PDFをExcelに変換するための優れたツール

ApowersoftフリーオンラインPDF-Excel変換ツール

  • 無料
  • インターフェースはシンプルで分かりやすい
  • ページ上に広告やポップアップが表示されることはない
  • ブラウザから使うアプリケーションなので、インストールが不要

このアプリケーションでPDFファイルをExcelに変換する方法については、以下の手順を参照してください。

  1. ブラウザからApowersoftフリーオンラインPDF-Excel変換ツールにアクセスします。
  2. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして、変換したいPDFファイルを選択します。
    ファイルを選択
  3. ファイルがアップロードされると、変換が自動的に開始されます。
  4. 変換完了するまでしばらく待ちます。終わったら、「ダウンロード」ボタンをクリックして変換されたExcelファイルを保存します。
    エクセルをダウンロード1

PDF TO Excel

  • ローカルファイルもDropbox、Google Drive、OneDriveに保存したPDFファイルも変換可能
  • 変換できるファイルのサイズに制限はない
  • ファイルは変換後にサーバーから自動的に削除される

PDF TO ExcelでPDFをExcelに変換する手順は以下の通りです。

  1. ブラウザからPDF TO Excel を開きます。
  2. 変換したいPDFファイルをアップロードします。
    ファイルをアップロード
  3. ファイルがインポートされると、Excelへの変換プロセスが始まります。
  4. 変換されたファイルを保存するには「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

Online2PDF

  • 変換前はレイアウトやヘッダー、フッターなどが設定できる
  • アップロードできるファイル数は20個まで
  • 1ファイルあたりの最大アップロードサイズは150 MB

以下は、Online2PDFを使ってPDFをExcelに変換する手順です。

  1. Online2PDFにアクセスします。
  2. 「Select files」をクリックして、ローカルドライブからPDFファイルを選択します。
    ファイルを選択して変換
  3. 「convert to」の横にあるドロップダウンボタンをクリックして、リスト項目から出力形式を選択します。今回は「Excel2007‐2016」を選びましょう。
  4. 「Convert」ボタンをクリックします。
    変換開始
  5. しばらく待つと、変換が完了し、変換されたExcelファイルは自動的にダウンロードされます。

終わりに
今回紹介した三つの変換ツールはずべてブラウザから使うウェブアプリケーションです。パソコンでもスマホでも使用可能で環境を選ばないのが最大のメリットです。PDFをExcelに変換できるソフトをお探しなら是非ご参考にしてみてください。

評価: 4.8 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ:PDFをExcelに変換, PDF関連の解決案と小技 前回更新 2019/08/07

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る