オススメのTiff ビューアートップ5
コメント

オススメのTiff ビューアートップ5

前回更新 2016/04/26 更新者

パソコンで画像データを扱う際、ファイル名の後にくる拡張子を気にしてみると「.jpg(.jpeg)」「.gif」や「.tif」など画像によって異なる拡張子が付いていますね。写真画像ならJPEGが一般的ですが、PNG、TIFF、BMPなどの形式を目にすることもあると思います。その中で、TIFFの画像はWindows標準に搭載されてる画像ビューアーで対応しなくて開けないですので、今回オススメのTiffビューアーをいくつか紹介したいと思います。

TIFFフォーマットとは

TIF(ティフ)ファイルは、拡張子が「.tif(.tiff)」で、デジタルカメラの保存などでときたま見られると思います。「タグ」と呼ばれる識別子を付けて、複数パターンの画像表現をひとつのファイルとして保存できる特徴を持っています。JPEGのように圧縮によってデータを損なうことがないため、保存のたびの画像劣化がなくて、大きな画像が必要な場合などに用いられることが多くて、画像入稿で最も推奨される形式です。その反面、容量が非常に大きくなってしまうのです。また、ウェブでは扱えない形式なので、ブログなどにアップする場合にはJPEGなどに変換する必要があります。

オススメのTifビューアー

1.Apowersoft画像ビューアー

Apowersoft画像ビューアー」はシンプルで高速な単画面型の画像ビューアーですインターフェイスが分かりやすくて、初心者でも簡単に扱えます。標準ビューアーでは物足りないが、統合型のは必要ない、という場合にお勧めです。日常的に利用するなら、動作がかなり軽快です。TIFF、BMP、JPEG、PNGなど数多くの形式にサポートするのはもちろん、アニメ GIF のアニメーション表示も可能です。

無料ダウンロード

高速画像処理エンジンを搭載しているため、低スペックなマシンでも、高速かつ高画質な拡大/縮小表示ができますです。ほとんどの操作はショットカットキーでできるので、慣れたらかなり便利に使えます。例えば、マウスホイールの回転/キーボードの矢印キーで画像送り、「Ctrl+ホイール」/キーボードの「+」「-」マークで画像拡縮などの便利設定があります。その他、フォーマット変換、テキストや吹き出しの挿入などの簡単な画像加工もできます。

Apowersoft画像ビューアー

2.Windows Picture and Fax Viewer

Windows XPに付属している画像ビューアーです。名前からわかるように、基本的にはFAX受信した文書を読むためのもののようです。別にソフトをインストール必要がないので、Tiff ビューアーとして一番簡単で入手しやすいものです。しかし、Windows7及びそれ以降のOSで搭載されている画像閲覧ソフトはなぜかTifファイル開くことができないです。TIFファイルをWindowsフォトビュアーで開くと、「このファイル形式が、Windowsフォトビュアーでサポートされていないか、またはWindowsフォトビュアーの最新の更新プログラムが適用されていない為、この画像を開けません。」と表示され、見る事ができなくなってしまいます。

windows-xp -photo- viewer

3.Hamana

DirectXを使用したグラフィックビューアです。ゲームなどに使われている「DirectX」というマルチメディア技術が使われているので、画像をスムーズかつビジュアル的に表示&操作できるところが最大の特徴です。対応形式は、JPEG/GIF/PNG/BMP/TIFF/ICO/WMFなどがありながら、「Susieプラグイン」 を導入すれば、対応形式をさらに増やすことができます。

hamana

4.IrfanView

「IrfanView」は、かなり多くの形式をサポートしてる多機能なマルチメディアビューアです。GIFファイルを使用しても、問題ありません。個人/家庭内に限り、フリーウエアです。基本的な画像閲覧機能だけではなく、レタッチ、ペイント、フォーマット変換、リサイズ、リネーム、動画&音楽の再生等々、数多くの便利機能を搭載した多機能ツールです。多機能な割りには軽快に動作し、拡張性も中々高いという特徴を持っています。Tiff viewerフリーソフトとして使うのがオススメです。日本語対応していないですが、日本語モジュールで日本語化にすることが可能です。

IrfanView

5.Brava! Reader

PDF、TIFF、そしてCSF(Content Sealed Format)の表示、印刷ができる無料のビューワソフトです。起動や動作は非常に高速、操作は簡単だそうです。90度回転、モノクロ・カラー表示切り替え、しおりの追加、JPG形式でのファイル保存などが可能。部分的に拡大することができたり、指定範囲の区間距離・総距離・XY距離の計測機能も備えています。Acrobatで印刷不可のPDFもこちらで印刷可能になります。Tiff印刷にもバッチリ対応しています。ちょっとした残念なことは英語版しかなくて、日本語化にする方法もないようです。

Brava! Reader

結論

以上は今回お勧めしたい5つのTifビューアーです。全部無料で使い勝手のいいものだと思いますが、皆さんは自分のニーズによって好きなソフトを選んで使ってください。

評価: 4.3 / 5 (合計25人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2016/04/26 関連カテゴリ: 画像ビューア 前回更新 2016/04/26

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る