Microsoft Officeファイルを回復する方法
コメント

Microsoft Officeファイルを回復する方法

前回更新 2017/06/17 更新者

Microsoft Officeは学習、仕事などで広く使われています。特にword、Excel、PPTは会社人にとっては不可欠のツールです。MS Officeには人気の高い機能がたくさんついていますが、一つだけ避けにくいことは、過失や予知不可の原因によるファイルの削除と破損です。大切な文書を紛失したら、落ち込んでいるでしょう。消去、破損、紛失したMS Officeファイルの回復は、技術的な経験だけでなく、特別なスキルも必要となってくるため、誰もが簡単にできることではありません。幸いなことに、破損したり紛失したりしてしまったOffice文書を復元できるOffice復元ソフトや方法がいくつかあります。

方法1:高効率なOffice回復ソフトを使用してMS Officeファイルを回復

この効果の高いデータ回復ソフトがあれば、削除されたOfficeファイルを回復するだけでなく、そのほか様々なデータを回復することができます。動画、写真、Eメール、音声、連絡先から、外付けのハードドライブのファイルや取り外し可能なメディアのファイルまで、さまざまな紛失ファイルの復元が可能です。フォーマットされた携帯電話、破損したハードドライブなどでも使用することができます。

無料ダウンロード

Office文書を回復する方法 — Excel、PPT、Word、Outlook Eメール

今度はもう少し進んで、特定のOffice文書を回復する方法について説明しましょう。始める前に、プログラムがコンピュータに完全にインストールされていることを確認してください。

⇒ Excelファイルの回復

Excelは、MS Officeの表計算ソフトで、数字、計算、データ整理および管理など、数字の計算や自動計算に主に使用されます。Excelファイルの回復には、データ復元ソフトを使用してください。手順は以下のとおりです。

  1. まず、復元したいファイルを選択します。
  2. 続いて、破損したExcelファイルの場所を選びます。
  3. 次に、スキャンを開始します。
  4. スキャン完了後、結果から復元したいファイルを見つけて復元します。

データを選択する

⇒ 破損したPPTファイルの回復

マルチメディアプレゼンテーションを作成する際に使用するPowerPointは、ビジネスマン、教師、レポーター、大学生、企業などが使用する、もっとも基本的なクリエイティブソフトです。PPTファイルはウイルスなどにより破損しても、以下の方法で回復できます。

  1. 「ドキュメント」を選択します。
  2. 「次へ」をクリックして、位置を選択します。
  3. さらに「次へ」をクリックすれば、スキャンが始まります。
  4. スキャン完了後、復元したいPDFファイルを選択し、「復元」ボタンを押して回復します。

スキャンする位置を選択する

⇒ 未保存のWord文書を回復

MS Officeの中でもっとも広く使われているソフトがMicrosoft Wordです。Wordを使用すれば、文書やレポートの作成、またはデータの統合ができます。回復にはいろいろな方法がありますが、時間と体力を節約したいのであれば、ここで紹介する回復ソフトの使用をおすすめします。

  1. PC上でプログラムを起動します。
  2. 「ドキュメント」を選択します。
  3. さらに「次へ」をクリックすれば、スキャンが始まります。
  4. スキャン完了まで待ちます。
  5. 復元したいwordファイルを選択し、「復元」ボタンを押します。

ファイルをスキャンする

⇒ 削除されたOutlookのEメールを回復

紛失または削除したOutlookのEメールを回復したい場合にもやはり、このデータ回復ツールを使用することができます。次の4つの手順に従ってください。

  1. 「電子メール」を選択します。
  2. 「次へ」をクリックしてスキャンしようとする位置を選択します。
  3. さらに「次へ」をクリックすれば、回復が始まります。
  4. スキャン完了後、復元したいファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックします。

電子メールを復元する

方法2:Office復元オンラインサービス

Office Recovery Onlineを使用すれば、MS Officeの破損したファイルをオンラインで復元するのは簡単です。このクラウドベースのアプリケーションがあれば、読み込み、編集、開封、プレビューができないMSファイルを修復することができます。修復するファイルのタイプやサイズにより、修復には通常、数秒から数分かかります。修復が完了すると、2つのオプションが表示されます。ひとつは回復した文書の特定の部分のみを含む無料版で、もうひとつがOfficeデータをすべて回復する有料版です。このオンラインOfficeファイル回復ソフトはWord、Excel、PowerPoint、Accessのデータベース、JPEG、RAW、TIFFなどに対応しています。

Office復元オンラインサービス

方法3:一時フォルダからMicrosoft Officeファイルを回復

一度Office文書を削除してしまったら二度と回復できない、という考えは正しくありません。Microsoft Officeには自動保存および自動回復オプションがついているからです。この方法を使えば、Microsoftの一時ファイルシステムにアクセスすることでMS Officeファイルを回復することができます。ご存知のように、一時ファイルは文書を作成している間、特定のディレクトリに保存されます。MS Officeの初期設定ではこの方法が効果的に働くようになっていますが、100%信頼できるものではありません。

一時フォルダからMicrosoft Officeファイルを回復

Officeで失われたファイルを回復する方法は、正しいツールと知識さえあれば難しいことではありません。無料のオンライン修復ツールを使用する、一時ファイルからOfficeの失われた文書を回復する、効果の高いオールインワンデータ回復アプリケーションを使用する、などファイルを回復する方法はいくつもあります。

評価: 4.4 / 5 (合計29人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2014/01/22 関連カテゴリ: データ復旧 前回更新 2017/06/17

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (2)

  • リフレシュ中にオフィスのアプリが削除されてしまった、復元の方法は?
    0
    1
    1
    返信
    • 目黒元男 様お世話になっております。 オフィスのファイルではなく、オフィス自身が削除されたということですか。それなら、ご使用されたオフィスのシリアルナンバーはまだ手元にありますか。あるとしたら、マイクロソフト社の公式サイトでご使用されたオフィスをダウンロードして、シリアルナンバーで登録すれば再び利用できます。よろしくお願いいたします。
      0
      0
      0
      返信
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る