Mac用の動画編集ソフトをおすすめ

動画を作ることは実はそんなに難しい作業ではなく、良い動画編集ソフトを使えば簡単だと思います。けれどMacで使える動画編集ソフトはWindows用のソフトみたいに多くなくて、使い勝手がいいものは尚更です。使いやすいものを見つけるには多くの時間がかかるので、今回の記事ではMacにおすすめの動画編集ソフトを3つ紹介したいと思います。

無料ダウンロード
Mac動画編集ソフト

Macの動画編集ソフト

ApowerEdit

iMovie

Final Cut Pro X

ApowerEdit

対応OS:Windows、Mac、iOS、Android

ApowerEditは初心者でも動画を簡単に作成できる高機能Mac向けの動画編集ソフトです。動画のカットや結合、回転・反転、透かしやテキスト、モザイクの追加など、一般的な動画編集機能が一通り揃っています。それ以外に、フレームレートの変更、ピクチャ・イン・ピクチャ、動画からMP3への変更、、音声文字変換、PIP、写真スライドショーなどの操作も可能です。豊富なフィルタやエフェクト、オーバーレイ、切り替え効果などの素材が提供され、動画がより魅力的に作れます。さらによく使われている動画と音声のフォーマットに対応しているため、動画編集の経験がない方々でも心配なくこのMacビデオ編集ソフトを利用して動画を作成できます。

無料ダウンロード

最新バージョンは1:1(Instagram動画)、3:4、4:3(従来のスクリーン)、16:9(ワイド)、9:16(スマホ縦動画)の5つのアスペクト比を用意していて、TikTokなどに直接に投稿できる動画を作成できます。

メリット:

  • 対応OSが多い
  • 操作は簡単
  • 実用的な編集機能が多く提供される
  • 対応フォーマットが多い

デメリット:

  • 無料ユーザーは出力した動画は透かしがある

iMovie

対応OS:Mac、iOS

iMovieはApple社が開発したMac、iOSに標準搭載されているMac映像編集無料ソフトです。直感的に操作でき、特に初心者にお勧めします。簡単な操作で無料と思えないレベルのクオリティの動画を作ることが可能です。iPhotoやiTunesに連携できるため、iPhoneで撮った動画と写真やお気に入りの音楽を動画に使用することができます。作成した動画を直接にFacebookやYouTubeなどの動画共有サイトに投稿でき、皆さんに気軽に共有することが可能です。

iMovie

メリット:

  • 無料で使える
  • 直感的に操作ができる
  • 標準されたソフトなので、ダウンロード&インストールが不要

デメリット:

  • Mac、iOSのみで使用できる
  • 字幕の表示位置を変換できない

Final Cut Pro X

対応OS:Mac、Windows

Final Cut Pro XはiMovieと同様に直感的に操作ができるMacで使えるYouTube動画編集ソフトです。初心者はネットで使い方を少し調べた後で、ある程度に使えるようになります。このマック動画編集ソフトの編集機能は充実していて、動画だけでなく、BGMの編集も可能です。Final Cut Pro Xは高度な編集機能を求めているMacユーザーにとって本当に使い価値があるソフトだと思います。

Final Cut Pro X

メリット:

  • 直感的に使える
  • テキストを素早く配置できる
  • 高度な編集機能を持っている

デメリット:

  • 異常終了がたまにある
  • 無料版で作った動画はサンプルなどの文字がある

まとめ

Macビデオ編集ソフト・Mac用おすすめ動画編集ソフトはまだまだありますが、ここで紹介したものは最も使いやすくて人気があるソフトです。その中でApowerEditを一番お勧めしたいです。なぜなら、ソフトはとても安定で、分かりやすくて、テキストの位置を自由に変換することができ、Windows、Mac両方に対応しているからです。

評価: 4.3 / 5 (合計47人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

ApowerEditを無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る