ApowerRecoverの使い方ガイド
コメント

ApowerRecoverの使い方ガイド

前回更新 2017/06/15 更新者

データ復元ソフトとして、ApowerRecoverはハードドライブからデータを高効率的に復元できます。例えば、コンピューターやハードディスクなど。また、誤削除、フォーマット化、コンピューターの不正操作など、データを紛失した原因にも関わらず、この素敵なプログラムでは全て復旧できます。このガイドに従えば、ApowerRecoverの使い方を身につけましょう!

ApowerRecoverを使うヒント

ソフトをダウンロードする

下のボタンをクリックして、ApowerRecoverをダウンロードして立ち上げます。

無料ダウンロード

復元したいファイルを選択してスキャンする

ソフトを起動した画面に、複数の選択肢が三つのカテゴリに分類されています-「全てのファイル」、「メディアファイル」、「ドキュメント、圧縮&電子メール」。すべてのファイルを復元したい場合、「全てのファイル」を選択します。一部のデータを復元する場合、そのデータフォーマットの前に、チェックを入れます。複数のデータフォーマットを同時に選択できます。

復元したいデータを選択する

復元したいファイルを選択してから、「次へ」をクリックして、ファイルの位置を選択します。ファイルの位置は「一般位置」と「接続されているディスク」という二つのカテゴリに分けられています。

一般位置

よく使われたのは「デスクトップ」や「ゴミ箱」です。また、「位置を選択する」ボタンをクリックして、特定のフォルダーからデータを復元することもできます。

接続されているディスク

ドライバやほかのポータブルデバイスから無くなったデータの復元もサポートしています。例えば、コンピューターのハードドライバC、D、E。メモリーカード、カメラやほかのドライバからデータを復元する場合、まずはPCに接続します。そして、それらのデバイスは「接続されているディスク」に表示されます。続いて、デバイスを選択して「次へ」をクリックします。そうすると、ApowerRecoverは自動的にスキャンニングを始めます。

ファイルの位置を選択する

しかし、表示された位置の中にドライバが見つからないことはあります。この場合、「ドライバが見つからない」→「ドライブを選択する」→「検索」という順序でクリックすると、復元したいパーティションを選択して、「スキャン」を始めます。復元したいパーティションも見つからない場合、「ディープスキャン」ボタンをクリックしてスキャンします。

ドライバが見つからない

チップ:スキャニングしている過程に、いつでも一時的停止、再開、停止が可能です。「OK」ボタンをクリックして、スキャニングを停止します。

スキャニング停止

ファイルをプレビューする

スキャニングが完了したら、検出したファイルはパスとファイル種類の方式で画面の左側に表示されます。名前、サイズ、作成時間、変更時間を含み、ファイルの詳細情報は右側に表示されます。ファイルをクリックすれば、画面に上にプレビューされます。これで、選択した不アイルは復元したいファイルであるかどうか、確認できます。

プレビュー

データを復元する

上のイメージに示された通り、検出したデータはカテゴリ別に表示されますので、特定のフォルダーの前にチェックを入れて、そして、「復元」→「参照」をクリックします。そうすると、検出したデータは指定した位置に保存されます。また、プレビューで確定されたファイルの前にチェックを入れて復元することもできます。

データ復元

それにしてもデータが見つからない場合、検索結果の下にある「ディープスキャン」を実行して、より全面的にスキャンニングして必要の項目を検出できます。検出ができたら、ファイルを選択して即座に復元します。

ディープスキャン

チップ:「停止」→「OK」をクリックして、スキャニングを随時中止できます。

ApowerRecoverを使って、初心者でも簡単に無くなったデータを復旧できます。もし使用中、何か問題がありましたら、お気軽にご連絡ください

評価: 4.3 / 5 (合計18人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/06/15 関連カテゴリ: ApowerRecover 前回更新 2017/06/15

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る