MacでPDF文書を開くためのアプリ3選

PDFファイル形式は、最も広く使用されているフォーマットの1つです。この記事では、MacでPDF形式の文書を読むためのアプリを三つ紹介します。是非ご参考にしてみてください。

無料ダウンロード
MacでPDF文書を開く

MacでPDF文書を開くためのアプリ3選

Apowersoft PDFエディターMac版

Apowersoft PDFエディターは、PDFの表示、編集、印刷、変換などの機能を備えたPDF編集アプリです。

無料ダウンロード

MacでApowersoft PDFエディターを使用してPDFを開く3つの方法

  • Apowersoft PDFエディターを開き、画面下部にある「ファイルを開く」ボタンをクリックして、必要なPDFファイルを選択します。
  • Apowersoft PDFエディターを開き、読みたいPDFファイルをウィンドウにドラッグアンドドロップします。
  • PDFファイルを右クリックし、「プログラムから開く」>Apowersoft PDFエディターMac版を選択します。
Apowersoft PDFエディターでPDFを開く

Apowersoft PDFエディターを選択する理由

ブックマークを追加

Apowersoft PDFエディターは、PDFの閲覧に便利な機能を多く用意しています。例えば、PDFを開いたら自動的に最適な表示モードに調整してくれます。また、指定のページに直接ジャンプすることも、任意のページにブックマークを挿入することも可能です。

メリット:

  • PDF文書の読み取りと編集が簡単
  • 広告がなく、インターフェイスがシンプルで初心者に優しい
  • ネット環境が不要
  • 軽量で処理速度が速い

デメリット:

  • 注釈機能がない

Adobe Acrobat Reader DC

MacでPDF文書を開く

Adobe Acrobat Reader DCは、PDFの表示、注釈、署名などを行える多機能PDFリーダーです。また、ラジオボタン、チェックボックス、コンボボックスなどを使ってPDFにフォームを作成することが可能でアンケートを作る時には便利です。

メリット:

  • ページ内の注釈がサムネイルバーに表示される
  • Mac App Storeからダウンロード可能
  • PDFファイルを処理するための高度な機能を搭載

デメリット:

  • アカウントを登録する必要がある
  • 初心者にはやや使いにくい面がある

PDFelement 6

MacでPDFを読む

PDFelement 6は、Wondershare社が開発したMac用のPDF編集アプリです。PDFの表示、編集、注釈、保護、署名、変換などの実用機能が提供されています。PDFを読みながら注釈を入れたい時はPDFelement 6がおすすめです。ハイライト、取り消し線、下線、波線、キャレット、図形など、多くの注釈ツールが使えます。

メリット:

  • シンプルで操作しやすい
  • 注釈機能が便利
  • PDF文書内の検索が可能

デメリット:

  • ページ番号を入力して特定のページにジャンプすることができない
  • 無料版は文書に透かしが入る、Pro版は少し高額

PDFelement 6には他の便利機能も多数あります。例えば、その強力なOCR機能で文字を高精度かつ迅速に読み取ることができます。また、コラボレーション機能も備えていて、チームメンバーとの共同編集が可能です。

終わりに

以上、MacでPDF文書を開くためのアプリを三つ紹介しました。高度なPDF編集機能が必要な場合はやはりAdobe Acrobat Reader DCがベストな選択でしょう。チームでPDFを編集する必要があるならPDFelement 6をお勧めします。それと、単にPDF文書を読む、または簡単な編集を加えたい時は是非Apowersoft PDFエディターを検討してみてください。

評価: 4.3 / 5 (合計7人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る