オススメのiPhone画面録画アプリ(方法)

iPhoneの画面を録画するには、皆さんはどんなアプリを使っているのでしょうか。録画する際、うまく行けますか。iPhoneの画面を録画するアプリはいくつかありますが、録画している際に画面が真っ暗になったり、システム音声が録音されていなかったりする問題がありますか。

あわせて知りたい

☛ Android画面録画に関するチュートリアル

☛ iPod touchの画面を簡単に録画する方法

☛ iPadゲームプレイを録画する方法

この記事では、オススメのiOS8画面録画アプリまたはできる方法を紹介します。

目次

1. WindowsパソコンでiPhoneの画面を録画する

2. MacでiPhoneの画面を録画する

3. iPhone本体だけで録画方法

windowsパソコンで使う無料のiPhone画面録画アプリ

Apowersoft iPad/iPhone画面録画究極はWindowsでもMacでも動作できるiPhone画面録画アプリです。そのiPhone録画アプリはiPhone画面を動画で録画できるとともに、iPhone内の音声とマイクからの声の録音も可能です。それではやり方を紹介いたします。まずは以下のボタンをクリックしてスマホマネジャーをダウンロードしてください。

無料ダウンロード

  1. iPad/iPhone画面録画究極を立ち上げ、必要に応じて設定をします。

    設定

  2. iPhoneとPCを同じネットワークに接続します。その後、iPhone画面を下から上へスワイプします。
  3. iPhoneのコントロールセンターが表示され、「AirPlay」をタップします。
  4. お使いPCの名称が付いているPC画面アイコンをタップして、「ミラーリング」をオンにします。
  5. その直後、iPhone画面はPCに表示されます。赤丸ボタンを押せば、iPhone画面を録画することができます。録画を停止するには、同ボタンを押します。

    iPhone画面録画設定

該iPhone録画アプリはWindowsとMacの両方でも動作できるのは特長です。iPhone画面録画の他に、iPhone画面のスクリーンショットを撮ることもできます。対応できるiOSバージョンはiOS8とiOS9があります。また、該iPhone画面録画ソフトの他に、MacユーザはQuickTimeを使ってiPhoneの画面を録画することも可能です。

QuickTime

QuickTimeはMacでは標準で搭載されているので、Macを使っている方にとって、見知らぬアプリではないです。しかし、たぶん多くの人が音声・動画データの再生・変換、ストリーミングなどの通常な機能しか知らないでしょう。実は、「OS X Yosemite」からは「QuickTime Player」を利用してiPhone/iPad操作画面の録画やゲームプレイ画面の録画などができます。筆者はiPhone6画面録画をやってみまして出来ましたので、方法を紹介いたします。

  1. 「OS X Yosemite」をインストールしたMacと、iPhone / iPad をLightningケーブルで接続します。
  2. QuickTime Playerを起動します。メニューバーから「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択します。
  3. Macのデスクトップ画面にムービー収録のウィンドウが表示されるので、録画ボタンの横にある下向き矢印のアイコンをクリックします。続けて「カメラ」と「マイク」の設定を共に「iPhone」にします。
  4. 最後は録画ボタン押すだけです。

MacでiPhone画面収録

メリット: 簡単で使いやすい。無料。

デメリット: Macでしか利用できない。

デバイスで使えるiOS8画面録画アプリ―Shou

脱獄画面録画アプリで有名なものといえば、DisplayRecorderなどで、非脱獄デバイスでもインストールできるものでいえばiRecなどが有名です。しかし、これらのアプリは全部iOS7及び前のiOSしか対応できません。だから、iPhone6/iPhone6S画面録画なら、非脱獄でもインストールができるという噂で有名になったShouしかないです。それに、ShouはApp Storeで配信される公式アプリではなくて普通の方法でダウンロードできませんので、ここでは、ダウンロード方法を説明します。

  1. iPhone/iPadでhttp://emu4ios.netにアクセスします。そして、画面の中央にある「INSTALL」を押してEu4iOS Storeアプリをインストールします。
  2. Eu4iOS Storeアプリを開き、多分一番上にある「Shou」と言うアプリをタップします。
  3. 次に表示された「INSTALL」をタップしShouアプリをインストールします。

iphoneで使えるアプリ-shou

メリット: 直接にiPhoneでインストール&使用。PC要らない。

デメリット: 不具合点はありそう。

結論

本記事でWindowsパソコン、Macパソコン及びiPhone本体だけでのiPhone画面録画アプリを紹介いたしました。iPhone本体だけでの画面録画アプリが便利ですが、App Storeで配信される公式アプリではないので、iPhoneに悪影響を与える恐れがあります。パソコンでiPhone6/iPhone6S画面録画をするなら、そういう心配がないです。

評価: 4.3 / 5 (合計77人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2015-03-27 関連カテゴリ: iPhone録画

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (2)

  • emu4iosで調べたらで出来ました。?けれどもダウンロードしたんですけど出来ませんでした.?何回もダウンロードしたんですけど出来ませんでした。僕がダウンロードしたのは shou です
    0
    0
    1
    返信
    • お客様いつもお世話になっております。 たぶん記事を書いた後にshouのダウンロードサイトに問題があります。そちらにお問い合わせした方が良いかと思います。更に今のiOS9では、SHOUが使えなくなったことが確認されましたから、録画には、記事の追記の所で書いたhttps://www.apowersoft.jp/how-to-use-ios-recorder.htmlという方法をおすすめ致します。よろしくお願いいたします。
      1
      2
      0
      返信
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る