iPhone7が熱くなった時の対処法

前回更新 2016/10/10 更新者

発熱はAndroidスマホでよく発生する問題ですが、iPhoneのユーザーにとって、こういうトラブルに悩む時が少ないでしょう。しかし、最新のiPhone7は発熱が凄いと沢山のユーザーに指摘されました。従来の機種に搭載されていない「防水機能」が原因になりそうですが、暑い環境に放置することや、起動中のアプリが多いこともスマホを熱くする要因だと思われています。今回はiPhone7を有効に冷やす方法5つをご紹介いたします。

iPhone7が熱くなった時の対処法5選

対処法一:iPhone7を涼しい場所に置く

暑い日にスマホが発熱しやすいと気が付いていませんか?また、直射日光の下、駐車した車の中、作動中のデバイスの周りなどの場所にスマホを長時間放置すると、触ったら痛いと感じるほど熱くなるでしょう。という事で、なるべく大事なiPhone7を熱い環境に置かないようご注意ください。熱暴走してしまった時は、iPhone7をエアコンや扇風機の風に当ててください。この方式で、iPhone7を有効に冷やせます。

涼しい場所に置く

対処法二:iPhone7のケースを外す

新iPhoneを傷や衝撃から守るために沢山の方がケースを使っています。ケースを使うことによって、iPhone7本体が発した熱が発散しにくくなります。その為、時にはケースを外して、熱を発散させるようにしてください。

ケースを外す

対処法三:iPhone7の容量を管理する

iPhone7のストレージをいっぱい使ったら、発熱の問題も起こりやすくなります。従って、常にiPhone7のストレージの使用状況を確認し、不要なデータやアプリを削除することが発熱解消の有効な対処法です。

ストレージの使用状況は「設定」→「一般」→「ストレージの使用状況」の順でタップしたら確認できます。大事なデータを削除したくなければ、転送アプリでPCに移行したり、クラウドサービスにアップロードしたりするのもよい選択です。

ここでApowersoftスマホマネージャーというiOS10デバイスに対応しているファイル管理アプリをオススメします。このアプリを使えば、iPhone7に保存されている写真、動画、連絡先、メモ、メッセージなどのデータをWindowsパソコンへ簡単にバックアップできます。

無料ダウンロード

詳しい使い方はこちらの記事をご参照ください。

スマホマネージャー

クラウドサービスはiCloud、Googleドライブ、OneDirve、Dropboxなど沢山あります。それぞれが提供する無料容量の大きさは違うので、比較してから一番容量の多いの方を選択してもよいし、複数のサービズを同時に使ってもよいです。

対処法四:アプリを更新し、バックグラウンドでのアプリを閉じる

アプリを更新することによって、バグが修正され、動きがスムースになるため、iPhoneの発熱もすこし抑えれると思います。

また、バックグラウンドで動いているアプリがiPhoneのCPUに負担をかけるので、アプリを使い終わったら、直ちにバックグラウンドで完全に終了すべきです。

アプリを閉じる

対処法五:iPhone7の使用を控える

長時間の作動もスマホの発熱を起こす要因の一つなので、なるべくiPhone7の使用を控えてください。ずっとスマホを弄ると、目と体にもよくないし、適当にiPhoneをそっとしておいて、休憩しましょう。

使用を控える

以上はiPhone7が異常に発熱した時の5つの対処法です。こちらの方式で、iPhone7を有効に冷却するはずです。最近、海外でnote7の爆発事故は相次いで発生してしまい、こんなに恐ろしいことの発生を防ぐために、スマホが熱くなった時にはよくご注意ください。

評価: 4.3 / 5 (合計22人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2016/10/10 関連カテゴリ: 豆知識 前回更新 2016/10/10

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る