ストリーミング音声録音ソフトの使用ガイド
コメント

ストリーミング音声録音ソフトの使用ガイド

前回更新 2017/03/07 更新者

ストリーミング音声録音ソフトをインストール

1.以下のボタンをクリックしてソフトをダウンロード。

無料ダウンロード

2.インストール

インストールウィザードに従ってソフトをインストールします。インストール完了後、ソフトを立ち上げます。

設定

ストリーミング音声録音ソフトを立ち上げたら、録音する前に設定を自由に行えます。

歯車のアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。設定画面では、「一般設定」、「録音設定」、「ダウンロード設定」の3つのタブがあります。

一般設定

「一般設定」画面では、お好みに合わせてソフトのホットキーが設定できます。また、自動的に最新バージョンのチェックと閉じる時の確認の提示を設定できます。

録音設定

「録音設定」画面では、録音に関する重要な設定があります。

  • サウンドソースの選択

    録音ソースに、「システムサウンド」、「マイクのみ」、または「システムサウンド&マイク」を選択できます。

    「システムサウンド」を選択して録音する場合、パソコンから流れている音は録音しされます。

    「マイクのみ」を選択して録音する場合、マイクの音声だけは録音されます。

    「システムサウンド&マイク」を選択して録音する場合、パソコンとマイクからの音声は同時に記録されます。

    録音設定

  • ID3タグの識別

    録音した音楽の詳しい情報(曲名、アーティスト、アルバムなど)を自動的に認識してくれます。

  • 出力フォーマットと出力先の指定

    録音する前に、出力音声データの拡張子に、MP3、AAC、OGG、WMA、WAVなどの主流な形式を設定することができます。

    録音したものを既定なフォルダに保存したくない場合、出力先を自由に設定してもいいです。

  • 録音の詳細設定

    「詳細設定」は「録音設定」タグに用意されています。このオプションを利用したら、さらに良い録音体験を仕上げます。

    例えば、録音してる際に無音のところがあるなら自動的にスキップできます。それに、一定な時間に達したら、オディオファイルを自動的に分割するのも可能です。

詳細設定

ダウンロード設定

「ダウンロード設定」画面では、ダウンロードした音楽データの出力先とダウンロード可能の数の最大値を設定できます。

ダウンロード設定

PS:録音する前に、「テスト」ボタンをクリックしたら、録音はスムーズにできるかどうかを確認できます。(音が聞こえるなら大丈夫です。)

録音

ストリーミング音声録音ソフトを使えば、パソコンから流れるあらゆるの音を録音できます。録音を開始するには、音楽を再生し、ソフトメイン画面での赤丸いボタンを押すだけでいいです。また、停止したい場合は、同じボタンを押してください。録音をするとともに、音楽の関連情報も自動的に検索され、追加されます。(「録音設定」画面で設定する)

録音画面

「ライブラリ」では、録音されるすべての音楽ファイルを管理することができます。詳しいことは以下のとおりです。

  • 「再生」:内蔵のプレイヤーで音楽を再生します。
  • 「編集」:録音した音声ファイルをカット、コピーまたはミックスし、拡張子と音質指定で新しい音楽ファイルを作成することができます。
  • 「変換」:音声ファイルをリストに追加して、様々な形式への変換ができる上、複数のファイルを1つに結合することも可能です。
  • 「iTunesに追加」:iTunesのライブラリに音声ファイルを適応な形式に変換した後に転送します。
  • 「ID3タグ情報を認識」:録音した音楽の詳しい情報(曲名、アーティスト、アルバムなど)を自動的に認識してくれます。
  • 「名前の変更」:ファイルの名前を付け直します。
  • 「リストから削除」:録音リストから削除しますが、ハードディスクからの削除はしません。
  • 「削除」:パソコンからファイルを完全に削除します。
  • 「フォルダを開く」:録音されたファイルのところまで移動します。
  • 「全部選定」:「録音リスト」でのすべてのファイルを選択します。

機能

音声録音のスケジュールタスクの作成

パソコンの前にいなくても、録音タスクを作成し、予定時間になると自動的に録音してくれます。

  • 「録音」タブをクリックし、画面の左下にある「予約タスク」を選びます。
  • タスクの名前を付けて、録音の開始時間と持続時間を設定します。
  • 「作成」ボタンをクリックすると、すぐタスクリストに表示されます。
  • 「OK」ボタンをヒットした後、タスクの作成ができます。
  • ソフトメイン画面のしたに、次のタスクの情報が表示されます。設定した時間になると、自動的に録音を開始してくれます。

予約タスク

音声ファイル編集

「ツール」のドロップダウンメニューから「オーディオ編集ツール」を選びます。

編集波形

ファイルの取り込み

ロードボタンをクリックしてロカールフォルダから音声ファイルを選択します。ロードされたファイルは波形の形で表示されます。

編集

エリアの選択(オーディオトリム)

選択されたエリアは強調表示されています。エリアを変更したい場合は以下のステップに従います。

  • 始まりとしたいところを左クリックします。(マウスが押した状態そのまま)
  • マウスカーソルを終わりとしたいところまで移動します。
  • マウスボタンを離します。
  • 新しく選択されたエリアは、改めて色で強調されるはずです。

波形選択

もちろん、選択された部分の持続時間などの情報は画面に表示されます。

編集位置

「編集」メニュー

  • 「カット」:選択したエリアを削除しますが、どこか別の場所に「貼り付け」できるように、クリップボードにコピーしておきます。オーディオの一部を移動する時には便利です。
  • 「コピー」:選択したエリアをクリップボードにコピーします。そうしたら、別のところに貼り付けられます。オディオの複製、特定の部分を別のファイルに挿入またはミックスをする時には便利です。
  • 「追加モードで貼り付け」:オディオの最後(全波形の末尾)に貼り付けます。
  • 「挿入モードで貼り付け」:選択位置に貼り付けます。
  • 「ミックスモードで貼り付け」:この機能は前コピーまたはカットしたオディオファイルを現在選択の部分とミックスすることができます。

    (*「貼り付け」は「カット」あるいは「コピー」を使用し、クリップボードに保存した後のみに使用できます。)

  • 「選択した範囲を削除」:選択したエリアを削除します。カットとは違って、これは完全の削除ですので、クリップボードにコピーしておかないです。
  • 「全部選定」:音声ファイル全体を選択します。

「ツール」メニュー

  • 「無音を挿入」:選択したエリアに無音を挿入します。無音の時間が指定できます。
  • 「音声ファイルを追加」:全波形の末尾(オディオの最後)に音声ファイルを追加します。
  • 「音声ファイルを挿入」:選択位置に音声ファイルを挿入します。
  • 「ミックス音声ファイル」:現在のオディオファイルまたは選択したエリアと別の音声ファイルをミックスします。
  • 「新ファイルで上書き」:今選択したアリアを他の音声ファイルで換えます。

再生

指定した範囲だけ、または音声ファイル全体を再生することができますが、範囲を選択していない場合なら、「指定した範囲から再生」ボタンは灰色で無効になります。

編集-再生

オーディオファイルの保存

保存-出力をクリックして音声ファイルを出力します。

編集したファイルを保存

1. ドロップダウンリストからオーディオファイルの形式(フォーマット)を選択します。

2. 保存するフォルダを選択します

3. 保存したいオディオの範囲を選択します。(全部または選択したもの)

4. サンプリングレート、チャンネル、ビットを変更できます。

5. ID3情報を変更できます。

6. 「オッケー」ボタンをクリックします。

音楽を検索してダウンロード

音楽の検索

音楽検索

「ダウンロード」画面では、ダウンロードの状態を確認できます。

音楽ダウンロード

動画をMP3へ

この部分では、YouTube、ニコニコ、GyaOなどの動画サイトから、音声ファイルを抽出することができます。使い方はとても簡単です。「ダウンロード」タブをクリックし、右上の「動画をMP3に変換」をクリックした後、ポップアップされたウィンドウにURLをコピーして貼り付けるだけです。

動画をMP3へ

ダウンロドしている時、ファイルを右クリックして「一時停止」をクリックしたら簡単に一時停止できます。

一時停止

もう一度右クリックして「スタート」をクリックしたらダウンロードを再開できます。

再開

ダウンロード完了したら、ダウンロードした音楽を右クリックすると、「プレイリストに追加」、「リストから削除」、「削除」といった項目があります。

ダウンロード機能

音楽ファイルの保存先へ移動するには、「フォルドを開く」をクリックすればいいです。

ダウンロードした音楽を探す

FAQ

エラーメッセージ:「ターゲットデバイスが見つかりません」

一時対策:

  1. タスクバーのサウンドアイコンを右クリックして「再生デバイス」を選択します。

    再生デバイス

  2. すると、「サウンド」画面が表示されます。再生デバイスが既定値に指定されていますので、ここでSpeakers(Apowersoft_AudioDevice)を選択し、「既定値に設定」ボタンをクリックして再生デバイスの設定を変更してください。最後に、現在の設定を保存するために「OK」をクリックしてください。

    既定値に設定

  3. 「オン」をクリックし、エラーメッセージを無視してください。

    エラー無視

  4. ストリーミング音声録音ソフトを閉じた後、既定な再生デバイスに復元します。
評価: 4.3 / 5 (合計41人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2016/03/11 関連カテゴリ: 音声録音 前回更新 2017/03/07

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (36)

  • 【動画をMP3へ】ダウンロード録音するのですが、出力先を変更したいのですが
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 弊社の製品をご利用いただきましてありがとうございます。 ソフトの「設定」ー「ダウンロード設定」で、 出力先を変更できます。 ご了承の程よろしくお願い致します。
      0
      0
      0
      返信
  • NHKらじるらじるからストリーミング放送を録音しています。実際に録音される時間が、録音設定時間より、開始、終了ともに1分ほど後ろにずれてしまいます。パソコンの時刻が正確であることは確認しています。修正する方法を教えて下さい。
    0
    0
    1
    返信
    • お客様 お世話になっております。 弊社の製品をご利用いただきましてありがとうございます。 ログファイルのご送信をお願い致します。 以上、よろしくお願いします。
      0
      0
      0
      返信
  • ストリーミング音声録音ソフト」の使用費用を教えて下さい。
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 返信が遅くなり申し訳ございません。 ストリーミング音声録音ソフトは月間、年間と永久版があります。 価格はそれぞれです。 詳細はこのページをご覧下さい。 以上、ご了承の程よろしくお願いします。
      0
      0
      0
      返信
  • ストリーミング音声録音ソフトを使用してユーチューブより音楽を数曲ダウンロードしCDに焼き付けましたがダウンロードした曲の音量が各々高かったり低かったりしてしまします。各曲を同じ音量に編集することはできませんか?
    0
    0
    1
    返信
    • お客様お世話になっております。 弊社の製品をご利用いただきましてありがとうございます。 ログファイルのご送信をお願い致します。 以上、よろしくお願いします。
      0
      0
      0
      返信
  • 3日間の無料ライセンスで使用中です。オンライン動画の口座を音声ファイルでダウンロードしていて、7講座まで順調にダウンロードできていたのですが、8講座目の途中から録音できなくなりました。
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 弊社の製品をご利用頂きましてありがとうございます。 ソフトを再インストールして、 状況をご確認ください。
      0
      0
      0
      返信
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る