入力可能なPDFフォームを作成する方法を三つ紹介

PDF形式のアンケートや申込書などを作成することは多いと思います。そこで今回は、入力可能なPDFフォームを作成する方法を紹介したいと思います。

無料ダウンロード
PDFフォームを作成

入力可能なPDFフォームを作成する方法

ApowerPDF

ApowerPDFは、PDFの作成、変換、編集、OCRなどの機能を搭載したソフトです。フォーム機能ではプッシュボタン、ラジオボタン、チェックボックス、コンボボックス、リストボックス、およびテキストフィールドの作成が可能です。ApowerPDFを使ってフォームを作成する手順は下記のとおりです。

  • ApowerPDFをダウンロードしてインストールします。

    ダウンロード

  • ソフトを起動して、「作成」>「空白のドキュメント」をクリックします。
  • 「フォーム」をクリックすると、フォームの作成が可能です。
  • 完了したら「ファイル」>「保存」からファイルを保存します。

SodaPDF

SodaPDFはオンラインで使えるPDF編集ツールです。フォームを作成するだけでなく、フォームへの入力も可能です。フォーム機能では、テキスト入力フィールド、チェックボックス、ラジオボタンなど、豊富なオプションを提供しています。それではSodaPDFでフォームを作成する方法を見てみましょう。

  • 公式サイトにアクセスします。
  • 「Create」>「From Blank」をクリックして空白のPDFを作成します。空白のPDF
  • 「FORMS」をクリックしてフォームの作成を開始します。sodapdfフォーム
  • ファイルを保存するには「File」>「Save as」をクリックします。

DocHub

DocHubもブラウザー上で動作するウェブアプリケーションです。これを使って入力可能なPDFフォームを作成することができます。作成した記入フォームは、ローカルだけでなく、Googleドライブ、OneDrive、Dropbox、Classroomにも保存できます。DocHubでフォームを作成するには以下の手順に従ってください。

  • 公式サイトにアクセスして、Googleアカウントでログインするか、メールアドレスでアカウントを作成します。
  • 「New」をクリックすると、右下に「Create Blank Document」が表示されますのでそれをクリックしましょう。dochub
  • フィールドを追加するには左から二番目の「Manage Field」ボタンをクリックしてください。dochub PDFフォーム作成
  • 左側にオプションが表示され、追加したいフィールドを選択すればいいです。
  • 加えた編集は自動的に保存されます。編集が終わったら左上隅のロゴをクリックして最初のページに戻ります。dochub保存
  • ファイルを保存するには、ファイル名を右クリックして「Download/Export」を選択してください。dochub PDFフォームをダウンロード

比較

ApowerPDFSodaPDFDocHub
高度なPDFフォーム機能がある
インストール不要
シンプルなインターフェース

まとめ

以上、入力可能なPDFフォームを作成する方法を三つ紹介しました。インストールせずオンラインで簡単にアクセスできるツールをお探しならSodaPDFかDocHubを選ぶといいでしょう。PDFフォームの作成だけでなく、高度な編集もできるものがいいと思うならApowerPDFをおすすめします。

評価: 4.3 / 5 (合計14人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る