iPhoneの画面をPCに映すための最適な方法


教師は自分のiPhoneに保存された講義を学生達に見せたい場合、iPhoneアプリの使い方を皆さんにデモする場合、iPhoneの画面をPCに出力するのは必要です。又は、iPhoneで撮った動画や写真などを家族で一緒に見たい場合、アイフォンの画面をPCに表示できれば助かります。

では、どのようにアイフォンのスクリーンをPCに映しますか?iPhoneの新しいユーザにとってはそれが難問でしょう。特に新しいiOSが搭載されているiPhone 6の場合、それは正真正銘の難問となるでしょう。この記事にはiPhone 6sを含むあらゆるバージョンのiPhoneの画面をパソコンに出力する方法を紹介いたします。

コンピュータにiPhoneの画面を映す方法

方法1: ApowerMirror

ApowerMirrorはAndroidとiPhoneの画面をPCに出力し録画し、PCからAndroidスマホを操作できるソフトです。
apowermirror画面
このソフトを使ってiPhone画面をPCに表示する手順は以下のとおりです。

  1. まず、以下のボタンをクリックして、ApowerMirrorをパソコンにダウンロード・インストールします。

    無料ダウンロード

  2. 次、iPhoneとPCを同じWi-Fiネットワークに接続します。iPhoneの画面を下から上へスワイプします。iOS 10以上であれば、「AirPlayミラーリング」をタップし、「Apowersoft」が付いている項目を選択します。

    windows10でairplayミラーリングを使用

  3. iOS 10以下であれば、「AirPlay」をタップし、「Apowersoft」が付いているアイテムを選択し「ミラーリング」をオンにします。それで、iPhoneの画面がコンピュータに映されます。

    windows8でairplayを使用

方法2: Apowersoftスマホマネージャー(Windows10にも対応)

まず、以下の動画を見てください。該動画にはiPhoneの画面をパソコンに映す詳しいやり方を紹介しています。

ApowersoftスマホマネージャーはAndroid及びiOSスマホに保存しているあらゆるファイルを管理するために開発されたのです。iPhone 6とiPhone 6 plus及び最新のiPhone6sにもうまく対応できます。iPhoneの着信音はM4R形式ですが、当該ツールを使用し、MP3などの音声ファイルを直接iPhone着信音にすることができます。ケーブル経由でiPhoneをコンピュータに接続するだけで、iPhoneの画面をパソコンに出力できます。iPhoneのスクリーンをPCに表示する操作手順は以下のとおりです。

1

ソフトのページを開いて、「ダウンロード」ボタンをクリックして該ソフトをダウンロードしてインストールします。その後、それをお持ちのiPhoneとコンピュータにインストールします。
無料ダウンロード

2

該ソフトを起動し、ケーブルを介してiPhoneをパソコンに接続します。すると、iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」というダイアログが表示されたら、「信頼」をタップします。

iPhone信頼ボタン

3

接続できた後、スマホマネージャー画面の左にiPhoneの画面が見えます。その画面の下に「スクリーンショット」・「フルスクリーンで表示」などのアイコンがあります。「フルスクリーンで表示」アイコンを押せば、iPhone画面が全画面で表示されます。

iPhone画面をPCに表示

4

接続を切断したければ、「切断」をクリックしてください。

2015年10月26日追記:上記の方法では、音声は出力できず、画面しか出力できません。iOS9.1搭載のiデバイスは、音声付きで画面をパソコンに出力したい場合、該ソフトの新たに追加した「Apowersoft iOS録画究極」ツールをご利用ください。そのツールでは、iPhoneの画面をPCにリアルタイムに表示できる上、音声付きで録画できます。

そのソフトはさらに以下の機能を備える:iPhoneの音楽・動画・写真・アプリなどのデータをバックアップしたり復元したりできます。PCからショートメッセージの送信・作成・受信ができます。

方法3: iTools

iToolsを使えば、アイフォンの画面をPCで見ることもできます。上記のスマホマネージャーと同じく、フルスクリーン形式でアイフォンの画面表示が可能です。でも、移した後、このアプリの処理速度が遅くなることがあります。そのため、デモビデオやチュートリアルを作成したい方にはあまり推奨しません。

デスクトップスクリーン

iToolsを利用してアイフォンの画面をPCに映すやり方を知りたければ、まずこのアプリをインストールするのは必須です。インストール後、起動させて、iPhoneをパソコンに接続します。接続ができたら、iToolsのインターフェースにデバイスの詳細が見えます。その後、インターフェースの左側から「デスクトップ」-「ライブデスクトップ」をクリックします。

方法4: Reflector

ReflectorはiPhone 6を含むiPhoneの画面をPCで見るために特に作成されたツールです。iToolsに比較して、このツールのほうは速度が速いです。Reflectorを使ってiPhone 6 又はそのほかのiPhoneの画面をパソコンに出力するには、そのソフトをMacにインストールしてモバイルをコンピュータに接続してください。Airplay設定に行って自分のPC名の部分をタップしてチェックを入れて、ミラーリングを「オン」にします。すると、iPhoneの画面がPCで見ることができます。ところが、reflectorはiPhone画面をPCに映す機能のみ備え、スマホの中のファイルの管理などができません。

アイフォンをPCに映す

上記はiPhoneの画面をPCに出力するための最高の三つの方法です。そのいずれも安全に使えます。でも、私の立場では、総合的なスマホ管理ソフトであるApowersoftスマホマネージャーはやっぱりもっとも立派です。リアルタイムにスマホの画面をパソコンに映すことができるうえに、スマホの中のデータのバックアップ・復旧、PCとスマホとの間でデータの転送がさらにできます。

評価: 4.3 / 5 (合計239人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2014-12-18 関連カテゴリ: iPhone録画

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (34)

  • 中央のテロップは製品版だと消えますか?
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 返信が遅くなり申し訳ございません。 製品版だったら、消えます。 以上、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
      0
      0
      0
      返信
  • 試用版試させてもらっていますがairplayによるミラーリングをしている時のウィンドウサイズは変更できないのでしょうか? iPadの画面自体は縦長ですのでフルスクリーンでは余剰が多く固定のウィンドウでは画面が荒く不便を感じます。
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 弊社の製品をご利用いただきましてありがとうございます。 現在、ウィンドウサイズを変更する機能を追加しません。 次のバージョンには追加する予定です。 以上、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
      0
      0
      0
      返信
  • ライセンス購入しようと思うのですがコンビニ決済を選択すると左側にマスターカード等の絵が出てきますがコンビニ決済は現金で支払えるのですよね?
    1
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 お問い合わせありがとうございます。 コンビニ決済ができます。 もし決済時に、 何かご不明のところがございましたら、 support@apowersoft.comまでにおといあわせください。 以上、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
      0
      0
      0
      返信
  • ゲーム実況したいんですが、自分の声を入れることはできますか?
    0
    0
    1
    返信
    • お世話になっております。 Windowsパソコンなら、 iPhone録画究極はシステムサウンドも自分の声も録音できます。 ほかに何かご問題がございましたら、 サポートセンターsupport@apowersoft.com までにお問い合わせください。
      0
      0
      0
      返信
  • QuickTime Player使えばいいのに
    0
    3
    1
    返信
    • お世話になっております。 QuickTime Playerもいい方法ですね。 有難うございます。
      0
      0
      0
      返信
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る