iPhoneをウィンドウズ10に表示させる最高な方法

前回更新:2019/12/06  更新者:

画面ミラーリングはユーザーにとって、お使いのデバイス画面をより大きいディスプレイに表示させるのに素晴らしい方法です。様々な場面で、画像、動画、ゲームプレイなどを映すことができます。しかし、スマホをPCに画面ミラーリングする方法はごく一部の人しか知りません。従って、ここでiPhone用の最高な画面ミラーリングアプリ、及びその方法を説明します。iPhoneをWindows 10にミラーリングする方法は以下のものがあります、一緒に読んでみましょう。

無料ダウンロード

iPhoneをWindows 10にミラーリングする三つの方法

1ApowerMirror

iOSをWindows 10にミラーリング

ApowerMirrorはiPhone画面をPCにキャストする時に大変役に立つデスクトッププログラムです。このアプリはお使いのデバイス画面をPCやプロジェクターに映すことができます。Androidデバイスなら、画面をマウスとキーでコントロールすることも可能です。このアプリを使えば、iPhoneユーザーはクラスメートや同僚にプレゼンをシェアしたり、映画やモバイルゲームを大画面で楽しんだりすることができます。更に、このツールはスマホの画面を録画できますので、新リリースのアプリのプレゼンやゲームのチュートリアルなどにも使えます。iOSとAndroidデバイス両方に対応していて、Wi-Fiで無線接続できます。最高なiPhone用ミラーリングアプリだと言えるApowerMirrorを使って、iPhoneをWindows 10に表示させる方法は下記の通りです。

  • 下のボタンをクリックしてPCにアプリをダウンロードします。無料ダウンロード
  • iPhoneもApp Storeからアプリをダウンロードします。

  • iPhoneでApowerMirrorアプリを開いて、下の「M」ボタンをタップして、検出されたデバイスからお使いのPCを選択します。
  • 「スマホ画面ミラーリング」を選択して、iPhoneの画面をPCに表示させます。または「PC画面ミラーリング」をタップして、PCの画面をiPhoneに表示させてもいいです。
  • iOSデバイスのコントロールセンターを開いて、「画面ミラーリング」(iOS 11以下はAirPlayミラーリング)をタップして、お使いのPCをタップすればiPhoneがWindows 10 PCにミラーリングされます。

2LetsView

letsview画面ミラーリング

LetsViewはiPhone/Androidなどのスマホをパソコンに出力する用の無料アプリです。落書き・画面キャプチャー・録画するなどの機能が含まれていて、ミラーリングだけでなく、好きな画面やシーンを記録することができます。無料ですが、画質も高くて動作も安定しています。また、画面をパソコンに表示させるとき、フルスクリーンで表示・画像の解像度を変更することもできます。

LetsViewでiPhoneの画面をWindow10に出力する方法は下記の通りです。

  • アプリをダウンロード・インストールします。無料ダウンロード
  • スマホとPCを同じWi-Fiネットワークに接続します。
  • スマホの画面にある「LetsView」が付いているPCの名前を選択します。
  • iPhoneのコントロールセンターで「画面ミラーリング」>「LetsView」が付いているPCの名前を選択します。
  • 画面ミラーリングを開始させます。

3X Mirage

iPhoneをWindows 10に表示

X-mirageとはMacとWindowsシステム用の便利なAirPlayサーバーです。iOSデバイスのコンテンツをPCやApple TVで再生することができます。その上、複数のデバイスを一台のMacやWindows PCにミラーリングすることと、ミラーリング中マイクでボイスオーバーを録音することもサポートします。市場上最も優秀なミラーリングツールの一本で、iPhoneをWindows 10に画面ミラーリングすることができます。PCへスマホデバイスを画面表示できるため、ここ数年間人気になりはじめました。ベストなミラーリングアプリの一つであるX-mirageの使い方は以下の通りです。

  • Windows 10に最新バージョンをインストールして、起動します。
  • iPhoneのコントロールセンターを開きます。
  • 画面ミラーリング、またはAirPlayミラーリングをタップして、X-mirageを選択します。

4LonelyScreen

iPhoneをWindows 10に映す

LonelyScreenはAirPlayレシーバーで、iOSデバイスの画面をパソコンにキャストできます。ミュージック、ムービーや画面上のすべてを簡単にWindowsとMacにミラーリングできます。このツールはプレゼンのプロジェクト、オンラインゲームのプレイ、写真を見せることなどに向いています。他のツールよりいいところは、iOS 9.1、9.2以降のデバイスならすべて対応することです。更に、最新のiOSとの互換性もよくて、AirPlayでiPhoneをWindows 10に映せます。LonelyScreenはAirPlayのメリットと機能を利用して、パソコンをApple TVに変えます。次の手順に従って、使ってみましょう。

  • Windows 10にLonelyScreenのインストーラをダウンロードします。
  • iPhoneをPCに接続して、インストールしたLonelyScreenを起動します。
  • iPhoneのコントロールセンターを開きます。
  • 「画面/AirPlayミラーリング」をタップします。
  • 「LonelyScreen」オプションをタップして、iPhoneをPCにミラーリングします。

結論

上述のミラーリングツールはiPhoneを大画面にキャストしてプレゼンをするのに、大変役に立ちます。そして、ライトニングケーブルなしで画面投影機能使用して、ガジェットの画面をテレビに表示させることもできます。まとめると、これらのツールはどれも色々な機能が備わっていて、自分の好みで好きなツールを選べば、iPhoneをWindows 10に映すのに特に問題はないでしょう。

評価: 4.8 / 5 (合計26人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (1)

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る