AndoridスマホとMacパソコンを使用しているユーザーは、スマホの画面をパソコンに表示したり、PCでAndoridをコントロールしたりすることができますか。そのような操作が実現できればやり方は何でしょうか。MacとiOSデバイスは互換性があり、画面共有は簡単ですが、Andoridの場合はいくつかのセットアップや外部アプリが必要です。今回の記事では、Andoridスマホをパソコンで操作する方法を2つ紹介していきます。ぜひご参考ください。
ApowerMirror無料入手

MacパソコンでAndoridスマホを操作する方法

ApowerMirror

ApowerMirror
ApowerMirrorはほとんどのデバイスで利用可能な画面ミラーリングアプリです。PCだけでなく、スマホやTV、タブレット間での相互ミラーリングも可能です。画質を落とさずにミラーリングでき、画面録画や落書き、ファイル管理などの実用機能も内蔵されています。MacでAndroidを操作する方法について、以下の内容をご参考ください。

  1. 以下のボタンをクリックしてMacとAndoridスマホにApowerMirrorをインストールします。
    ApowerMirror無料入手

  2. USBデバッグを有効にしてから、USBケーブルでAndoridとMacを接続します。スマホにメッセージが表示されたら「今すぐ開始」をタップしてください。そうすれば無事にAndoridをMacにミラーリングできました。マウスとキーボードを利用してAndoridスマホをコントロールできます。USBデバッグをオンにするAndoridをMacにミラーリングする
  3. ミラーリングと制御以外に、録画や落書きなどの機能も利用できます。

特徴(デバイスによって異なる):

  • インストールと使い方はとても簡単
  • PC、スマホ、タブレット、TVなどのデバイスの間で相互ミラーリング可能
  • 有線・無線も接続できる
  • 全画面表示、録画、ホワイトボード、スクリーンショット、ファイル転送・管理などの機能が備えられる
  • 同じネットワークではなくてもミラーリング可能
  • メールサポート

Scrcpy

Scrcpy
ScrcpyはAndoridの画面をMacに表示&MacでAndoridスマホを操作するアプリです。USBケーブルでMacと接続すればすぐにスマホの画面をパソコンに出力します。ミラーリング&制御以外に、テキストのコピー&ペースト、ファイル転送なども可能です。使用するには少なくともAndroid 5.0以上の端末が必要で、音声も一緒ミラーリングしたい場合Android 10以上が必要です。AndoridスマホをMacOSのpcで操作する方法は以下です。

  1. Andoridスマホの開発者向けオプションを有効化に設定します。
  2. USBデバッグもオンにします。
  3. MacパソコンでScrcpyをインストールして実行します。
  4. USBでMacパソコンと接続して「USBデバッグを許可しますか?」のダイアログが表示され、「OK」をタップします。
  5. もし「USB 接続の用途」が表示されたら、どれを選択しても大丈夫です。
  6. そうすれば、Andoridの画面がMacに映し、制御も可能になります。
  7. ご注意:デバイスによって設定の方法が異なります。

特徴:

  • テキストやファイルを転送可能
  • スリープさせることなくAndroid端末の画面をミラーリングする
  • タッチ操作
  • 音声ミラーリング(Andorid10以上)

最後に

MacでAndoridスマホを操作する方法とおすすめアプリは以上でした。比べて見ればApowerMirrorがおすすめです。インストールする方法は非常に簡単で、MacとAndroidで相互リモート操作することも実現できます。詳しい情報や使い方はApowerMirrorの公式サイトまで確認してください。もしご使用中に何かご不明な点がありましたら、コメント欄でお問い合わせてお願いします。Discordももしよろしければ参考してくださいね。

評価:4.3 /5(合計22人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました