スクリーンショットをそのままPC画面に貼り付ける方法
コメント

スクリーンショットをそのままPC画面に貼り付ける方法

前回更新 2017/04/06 更新者

仕事、学習及び生活上でパソコンを使用する場合に、多くの大切な書類、画像、素材をキャプチャーして比較することは時々あるでしょう。静止画で撮ってパソコンに保存すれば、比較して見るには、画像を切り替えなければいけません。簡単なデータなら大丈夫ですが、複雑なデータなら、直感的に比較できないので、かなり時間がかかる上、効率が低いです。スクリーンキャプチャプロを使用し、スクリーンショットをそのままPCに貼り付けすれば、その問題は簡単に解決できますね。

ユーザの需要に応じて、画面キャプチャプロはV1.3.0から、スクリーンショットをPCに貼り付けする機能を新規追加しました。この機能では、キャプチャーした画像をそのままパソコンのスクリーンに貼り付けすることができます。材料を即時に参照し閲覧したい方にとって、非常に素敵な機能です。

以下の手順を踏んで、その新機能を使用できます。

:このソフト主画面の真ん下にある「出力」には、「クイックエディタ」と「編集ツール」があります。「クイックエディタ」を選択した場合、スクリーンショットの周りのツールを使って迅速に編集できます。「編集ツール」を選択したら、スクリーンショットは直接的に画像エディタにインポートされます。「スクリーンにつける」機能は、「クリックエディタ」を選択した場合にしか有効です。

クイックエディタ

静止画を撮る機能のほかにも、画像編集、タスクスケジュール(キャプチャー開始時間と停止時間を設定する)、webカメラ撮影、画像アップロード及び画面録画などの機能があります。これらの機能に関する紹介は、画面キャプチャプロのユーザガイドをご参照ください。

これらの場合で使用可能

画面キャプチャプロは、ユーザ達の仕事及び日常生活を便利にすることができます。これらの場合で使用されます。

教学方面

試験後、模範解答を参照して、試験答案に点をつける教師、及び得点を推算する生徒は、模範解答をキャプチャしてスクリーンに貼り付けすれば、教師の採点速度と生徒の推算精度を高めることができます。

教学上

設計方面

デザインや芸術関連仕事に従事している人はそのソフトを活かせば、仕事をよりスムーズにさせることができます。例えば、PS、AI、AEなどで創作している時に、素材などを参照したりすることが必要でしょう。その場合、スクリーンショットをスクリーンにつける機能は役立ちます。

設計上

工学方面

エンジニアリング、建築などの業界では、マクロもマイクロも重要視しています。細部も全体も完璧な効果を達成するには、大量の構造図を参照しなければなりません。

工学上

翻訳方面

翻訳するコンテンツはWord、TXTなどであれば、扱いやすいです。でも、画像上のコンテンツなら、コピーできないので、画像とwordとの間で切り替えて内容を確認しなければなりませんので、翻訳速度を大いに下げます。このソフトで、翻訳するコンテンツをスクリーンに貼り付けすれば、画面の切り替えを省きます。

翻訳上

ショッピング方面

オンラインショッピングで、類似するアイテムをキャプチャしてスクリーンに貼り付けすると、選択に便利です。

ショッピング上

営業方面

販売報告を作成して、データを比較し分析するのも営業マンの仕事内容です。大切なデータ資料をキャプチャーしてスクリーンにつければ、便利に分析できます。

営業上

一般機能

仕事事項又は会議発言の要点などをキャプチャーしてPCのスクリーンに貼り付けして、メモとしてリマインダーできます。

一般機能

評価: 4.3 / 5 (合計17人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/04/06 関連カテゴリ: 画面キャプチャ 前回更新 2017/04/06

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る