iPhone 6とiPhone 5sを比較-知るべき革新点

「大きさ以上に大きく進化」というスローガンを打ち上げている最新型スマホ「iPhone(アイフォーン)6」は遂に発表されました。大手企業の米アップルは2014年9月9日にカリフォルニア州で第八世代のアイフォンであるiPhone 6を初公開しました。


発表される前に、iPhone 6の革新に関する推測は山盛りほど多いです。例えば、画面がより大きくなり、曲線状のディスプレイ、パワフルなハードウェア規格、モバイル決済システム(AppleはアイフォンにNFC を搭載)などが挙げられます。現在ではiPhone 6が既に発表されましたが、皆さんの推測に一致していますか?iPhone 6はiPhone 5sより性能が確かに更に優れていますか?以下にはその両世代のアイフォンを比較していきましょう。

iPhone 6/6 Plus(アイフォン6・アイフォン6プラス)とiPhone 5s(アイフォン5s)との比較

デザイン

総じて言えば、iPhone 6はiPhone 5sとの設計がほとんど同じですが、iPhone 5sを基にしていくつかの革新を加えます。スマホの材質は変更が無く、相変わらずグラスとアルミニウムです。外観からみて非常に高級かつ高価な感じです。曲面のエッジと平板化の音量調節ボタンは大きな革新点です。また、細長い電源ボタンはより薄いフレームに美観的に配置されます。携帯の厚さに関しては、iPhone 5sは7.6mmであり、それに対して、新世代のアイフォンは6.9mmだけです。iPhone 5sに比較して厚さは1ミリメータ以下薄くなるといっても、新世代のアイフォンのエッジは曲面であるためより薄いそうです。

デザイン

スクリーン

ちょうど好ましいサイズと思って、アップル社はiPhone 5sのスクリーンのサイズを4インチに保持しています。ところが、android スマホのサイズはこれより大きいと考慮してiPhone 6のサイズは4.7インチに設計されます。面白いことに、iPhone 6が発表される同時にiPhone 6プラスと呼ばれるiPhone 6のより大きなバージョンを発表したことから見て、アップル社もファブレットの勢いに便乗しているようです。iPhone 6プラスは5.5インチほどの巨大なスクリーンサイズを持っています。解像度なら、iPhone 6はiPhone 5sより大いに超えます。

カメラ

スマホを選んでいる時に、人々はカメラの画素を調べがちですが、スマホに関する知識が豊かな消費者であれば画素を調べる前にまずカメラモジュールと開口部の質量を綿密に検査するのは通常です。iPhone 6の画素はiPhone 5sの800画素に保持した上に、いくつかの改善が行われました。オートフォーカス、雑音減少と画質は改良されました。更に、アップル社はiPhone 6により多い画素サイズを追加するのを決定して、それによって弱光の状況にあっても良い写真を撮ることができます。背面カメラはFaceTime HDとf/2.2レンズを備え付けます。

カメラ

ディスプレイ

iPhone 6とiPhone 5sの画素数について比較しましょう!iPhone 5sのスクリーンサイズは4インチであり、ディスプレイの解像度は1136*640で326PPIに相当します。それに対して、iPhone 6は1334*750というより高い解像度を持っていますが、スクリーンが更に大きいため、PPIが同じく326です。その点から見て、iPhone 6のスクリーンはiPhone 5sより大きくなりましたが、更に鮮明になることがないのが分かります。幸いなことに、アップル社の最新の科技特許のお陰で、iPhone 5sを含む前のアイフォンに比較して、スクリーンは更に明るくなります。

モバイルオペレーティングシステム

iPhone 5sは登場した時、それに当時に最新のアップルオペレーティングシステムであるiOS 7が搭載されています。iPhone 6のリリースに従って、最新のアップルモバイルオペレーティングシステムが搭載されるのは周知のことになって、それはiOS 8です。iPhone 6のシルエットをサポートするために、iOS 8はフラットデザインを取り除いてものを円滑にすると言われます。また、iOS 8はTouch IDに対する制限を緩和し、電子決済サービス「アップル・ペイ」のために道を開けます。

iOS 8

バッテリー

iPhone 5sと比べて画面が更に大きく、プロセッサが更に高速化になり、オペレーティング システムが更に新しいことを鑑みて、iPhone 6がバッテリーに対する要求も更に高いはずです。残念なことに、バッテリーの容量に大きな増加が無いです。iPhone 5sのバッテリーは1560mAhであるのに対して、iPhone 6は1810mAhのバッテリーが備わります。少しの増加があるとはいえ、アンドロイドのバッテリーより相変わらず小さすぎます。また、iPhone 6のバッテリーは固定されたため、切り替えることができません。

iPhone 6とiPhone 6プラス

前述した通りに、iPhone 6プラスはiPhone 6より大きいバージョンです。サイズの異なりを除いて、両者を比べてみれば、実際には特に大きな区別がありません。iPhone 6プラスの解像度は1080*1920でPPIが400に達します。iPhone 6プラスはiPhone 6より大きいため、ボディの厚さはiPhone 6より0.2mm厚いですが、もちろんそれはちっとも目立ちません。また、iPhone 6プラスのみには光学式手ブレ補正機能が搭載されます。更に、大きなスクリーンを良く利用させるために、iPhone 6プラスはiOS 8によって横表示をサポートし、フォンが横に置かれると、スクリーンが自動で横表示になります。

iphone6とiphone6plusの違い

iPhone 5sに比較する形式でiPhone 6を紹介することによって、iPhone 6は何の革新的な機能があるのか、何のサービスを提供してくれるのかさらに詳しく分かります。iPhone 5s からiPhone 6に昇格するかどうかはご自身の決定次第です。ところで、科技が停止することがなく、我々は夢を見ている時にもそれが依然に耐えずに進んでいることは是非とも覚えてほしいです。

評価: 4.3 / 5 (合計22人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2014-09-12 関連カテゴリ: 豆知識

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る