マウス・キーボードマクロソフトおすすめ5選-Windows編

前回更新:2019/04/17  更新者:


パソコンで単調な作業を繰り返し行うと効率が悪いと感じるでしょう。作業を自動化すれば手間を省くことができます。これを実現するためには、マクロツールが必要です。マクロツールとは、マウスのクリックなどの操作を記憶して自動で実行させるようにするプログラムです。この記事では、オススメのWindows用の自動操作ができるマクロソフトを五つ紹介します。

Windows用マウス・キーボードマクロソフト5選

1Macro Toolworks

Macro Toolworksは、Windowsを搭載したデバイス上で繰り返しの操作を自動化できるプログラムです。ほとんどのアプリケーションに対応し、とても汎用性が高いです。マクロコマンドとマクロトリガーの他にも、このツールはマクロ記録機能を提供します。また、マクロプレーヤーを利用することによりあるいはファイルを実行可能なフォーマットで出力することにより、ファイルを共有するための機能も備えています。

Macro Toolworks

マウスとキーボードの操作を記録するには、プログラムをインストールして立ち上げた後、まず「Record Macro」ボタンをクリックして記録機能を起動します。その後、自動化したい操作を登録します。記録を終了するには、画面の右下にある停止ボタンを押すと、マクロが即座に保存されます。

2TinyTask

次に紹介したいのはTinyTaskというフリーマウス・キーボードレコーダーです。このツールは、サイズがたったの34KBですが、マウスとキーボードで行われた操作が全て記録できる強力な機能を持っています。また、マクロの記録と再生の両方ができます。実行させたい操作を登録し終えたら、実行可能な形式で保存することが可能です。

TinyTask

TinyTaskでマウスとキーボードの動きを記録するには、「Record」アイコンをクリックして、マクロを登録すればいいです。「Stop」をクリックするとマクロが保存されます。

3Mini Mouse Macro

プログラムのインストールなしで即座に使用できるマクロツールが必要な場合には、Mini Mouse Macroをお勧めします。これは一定の操作を繰り返し実行することができる軽量なマクロツールです。必要な最小限のユーザーインタフェースを持っていて、非常に使いやすいです。多くの繰り返し操作が必要なゲームをプレイする時には強くお勧めします。

Mini Mouse Macro

プログラムをダウンロードして立ち上げたら、上記のプログラムと同じように、「Record」ボタンをクリックしてマクロを登録します。

4Perfect Automation

繰り返し作業の手間を省き、仕事効率を向上させるのに役立つもう1つのマクロツールは、Perfect Automationです。このツールは、マクロランチャー、マウスとキーボードレコーダー、スケジューラ、およびスクリプトエディタを備えています。また、何百もの既製のスクリプトを提供することも一つの特徴です。

Perfect Automation

このプログラムでのマクロ作成も「Recorder」ボタンをクリックするだけでいいです。

5Do It Again

その名前が示す通り、これはマウスとキーボードの操作を自動で繰り返し実行させるためのプログラムです。Do It Againで一定のキーボードとマウスの動きを指定した時間間隔で行うことができます。使い方は非常に簡単です。新しいタスクを作成することだけで、マウスとキーボードの操作はすべて同時に記録されます。記録プロセスを停止するには、「Scroll Lock」をクリックします。

Do It Again

まとめ
以上はオススメのWindows向けのマウス・キーボードマクロソフトです。仕事の際に必要となる繰り返し作業にも、連打ゲームをプレイする場合にもきっと役立つと思います。Mac用のマクロソフトについては、マウス・キーボードマクロソフトおすすめ5選-Mac編という記事をご参考にしてください。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る