WEBMをAVIに変換する素晴らしい方法
コメント

WEBMをAVIに変換する素晴らしい方法

前回更新 2019/04/16 更新者

WebMはフリーでオープンなビデオフォーマットです。GoogleはH.264コーデックの代わりに、標準HTML5のWebMを提供することにより、誰でもウェブ上において制限なしで利用できます。残念ですが、WebMはまだほとんどのマルチメディアプレイヤーや携帯デバイスにサポートされていません。その上、Chrome、FirefoxやOperaなどのウェブブラウザーはデフォルトでWebMをサポートしますが、IE、SafariやQuickTimeは必要なプラグインをインストールしなければ再生できません。しかし、WebMをAVIに変換すれば、簡単に再生できます。人気のコンテナーフォーマットとして、AVIはほとんどの電子機器、ソフトウェアやウェブプラットフォームなどにサポートされています。

以下は利用可能で、使いやすい最高のWebM変換ソフトです。これらのツールを使えば、お使いのデバイスでWebMファイルを簡単に再生できます。

3つのWebMをAVIに簡単且つ効率的に変換するのに必要なツール

動画変換マスター

動画変換マスターはいかなるメディアファイルを他のフォーマットやデバイス対応に変換できる最高のコンバータです。パソコンの初心者にも使いやすい直感的なユーザーインターフェースと良いデザインを備えています。バッチ変換機能も非常に実用的で、変換したいファイルがたくさん持っている場合には便利です。下記のガイドを読み、その使い方を身につけましょう。

  • まずは下のボタンをクリックし、お使いのパソコンにプログラムをダウンロードしましょう。

    無料ダウンロード

  • ソフトウェアを開き、「ファイルを追加」をクリックし、ハードドライブからWebMファイルをロードします。
  • 「出力フォーマット」のドロップダウンリストを開き、「ビデオ」タブから「AVI」を選びます。「AVI」形式のオプションから、出力動画の解像度も調整できます。

    動画変換マスターでWebMをAVIに

  • 最後は、「変換」をクリックし、変換タスクを開始させましょう。そしたらファイルは変換され、パソコンに保存されます。

動画編集にも用いられます。トリミング、クロッピング、エフェクト、透かしの追加、字幕の挿入、音声と動画の同期化、ビデオとオーディオパラメータの調整などが可能です。更に、内蔵の動画ダウンローダーはウェブ上から動画を自動的に、或いは手動でキャプチャーすることができます。もう一つの実用機能は録画です。スクリーン上での音声・動画活動をすべてパソコンに保存できます。そして、フォトムービー作成機能を利用すれば、写真と大好きな曲で多彩なスライドショーが作れます。

ウェブベースのアプリを使い、WEBMをAVIにオンライン変換

メディアファイルを無料変換したい時、オンラインアプリも利用できる選択肢の一つです。

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフト

Apowersoftフリーオンライン動画兼音声変換ソフトはWebMをAVIに簡単にオンライン変換できる強力なツールです。このソフトは無料で使いやすく、確実にファイルを選んだ出力フォーマットに変換できます。そして、WindowsとMac両方で作動可能です。その使い方は以下の通りです。

  • 上記の公式のウェブページにアクセスし、「ファイルを選択して起動」をクリックし、ツールにWebMファイルをインポートします。初めて利用する場合は、起動ツールのダウンロードが必要です。「起動ツールをダウンロードする」をクリックし、表示されるアニメーションに従い操作すればいいです。
  • 「形式」に「AVI」を設定します。

    オンラインコンバータでWebmをAVIに変換

  • 「変換」をクリックして、変換を開始させます。そしたら、変換済みのファイルはパソコンに保存されます。

このツールにはシンプルな編集機能もついています。トリミング、クロッピング、分割、ビデオエフェクト、ビデオスピード調整、ウォーターマーク追加は全部可能ですが、プレビューオプションがないことに注意してください。なので、出力結果を予め知らなければなりません。

Cloudconvert

WebMをAVIへの変換に使えるもう一本のコンバータは「CloudConvert」です。このツールでは、メディアファイルを動画、音声や画像などを含め、200以上の形式に変換することができます。

  • そのウェブページにアクセスし、「Select Files」ボタンをクリックし、ファイルを追加します。
  • AVIを出力フォーマットとして選びます。

    クラウド変換

  • 「Start Conversion」ボタンをクリックし、作業の完了を待ちます。

ツールの反応速度が遅いです。「Start Conversion」ボタンをヒットしたら、アップロードと変換の時間はかなりかかります。変換以外の機能はなにもなく、その上、出力ファイルをパソコンにダウンロードする必要があります。

結論

インターネット接続に大きく影響されることは全部のオンラインサビースが持っているデメリットの一つです。インターネットアクセスが切れた、或いはそのスピードが遅い場合、ファイルの変換にはより多い時間をかかります。しかし、デスクトップソフトウェアなら、影響されません。なので、WebMをAVIに変換する場合には、「動画変換マスター」は明らかに最も良いチョイスです。

評価: 4.3 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ:動画変換, 音声兼動画変換 前回更新 2019/04/16

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る