MP4形式とは
コメント

MP4形式とは

前回更新 2018/08/14 更新者

MP4 — 説明

MP4(別名:MPEG-4 Part 14・MPEG-4 AVC(Advanced Video Coding))は、静止画像や字幕といったデータはもちろんMPEGによって定義されたデジタル音声と動画をひとつのファイルに保存することができるコンテナ形式です。マルチメディアファイルの交換、管理、編集を目的とし、同期されたメディア情報を自由な形式で格納するために開発されています。

MP4ファイルはインターネットで配信できるため、フラッシュビデオがすでに導入されているにも関わらず、多くの動画サイトでデジタル音声および動画ストリームを保存するための主要形式として使用されています。これはMP4の出力品質が、1分間に4MBの圧縮レートのDVDと同等と高いためです。現在、このファイル形式は9割以上のスマート機器で使用することができます。

ファイル名拡張子: MPEG-4 Part 14/MP4

カテゴリー: マルチメディアファイル

規格: ISO/IEC 14496-14

開発: ISO

MP4 — 特別機能

  • MP4形式はAppleのMOVコンテナ形式と同一です。国際標準化機構(ISO)は、MPEG-4形式の仕様が2001年に発表されたMOVファイルの仕様に基づいて作られているが、その他のMPEG-4機能およびIOD(Initial Object Descriptors)をサポートしているとの正式な記述を承認しています。
  • MPEG-4 Part 14ファイルの標準拡張子はMP4ですが、MPEG-4ファイルには一般的に「MP4」に属するその他の拡張子(M4AおよびM4P)が付けられています。暗号化されていない音声専用ストリームのMPEG-4ファイルにはM4Aが使用され、iTunesストアで販売されているFairPlayによって暗号化されたDRM音声にはM4Pが使用されています。
  • 他のコンテナ形式とは異なり、MP4は字幕や静止画像、オブジェクト記述子、情景記述といった情報も保存することができます。

MP4 — メリット

  • MP4ファイル形式の動画は、DVDビデオのオリジナル品質に近い高画質です。また、この形式の動画は、高速ブロードバンド接続を使えば短時間で簡単にウェブサイトからダウンロードすることができます。
  • 前述したように、MP4はインターネット経由でのストリーミングが可能なので、コンテンツをリアルタイムで閲覧することができます。ウェブでの商業広告および販促用のページに短い動画クリップを組み込むために、多くのウェブサイトでMP4技術が使用されています。
  • MP4は多くのハードウェアに対応しています。標準ビデオ形式なので、現代のデジタル機器および装置で問題なく再生することができます。
  • MP4技術は拡張が可能です。「MP4」に属する新しい技術を開発する基礎を作るために変化させることができます。

MOVとMP4 — 相違点

MOVもMP4形式も、動画ファイルを保存するためによく使われるファイルコンテナです。MOV形式は、もともとQuickTime動画用の形式としてAppleが開発しました。MOVには高品質の動画、音声および画像品質の改善といった日常的に便利な機能がついていますが、同時にその財産的価値が妨げにもなっています。MOVファイルを元に作られ、その仕様も当初は基本的にはMOVと同様だったMP4形式は、後にマルチメディア界で標準形式となりました。

どちらもデータの圧縮にMPEG-4形式を使用するため、Appleの環境下では大抵の場合、どちらでも再生することができます。ファイルをMOVからMP4へまたその逆に変換する際に動画を録画する必要はありません。しかし、Apple以外のオペレーティングシステムでこれらのファイルを変換する場合には、問題が生じることがあります。MP4が業界の標準となってからは、より多くのプラットフォームでAppleのMOVよりもMP4を対応形式に設定しています。そのため、MOVよりもMP4の方が多くの機器で再生可能なのです。

まとめ

  • MOVもMP4もマルチメディアファイルを保存するためのコンテナ形式である。
  • MP4はMOV形式をもとに開発された。
  • MP4は標準ファイル形式で、MOVよりも対応機種が多い。

MP4ファイルの便利な使い道

i

SWFをMP4へ変換 — SWF(Small Web Format)は、アニメ化したベクターグラフィックやマルチメディアをウェブ上で閲覧できるようにMacromediaが開発したAdobe Flashファイル形式です。しかし、iPhone、iPad、iPod、Xbox、PSP、QuickTime、Windows Media Playerといった多くのプレーヤーや機器ではSWF形式をそのまま使用することができないため、SWFを問題なく再生するためにはMP4に変換しなくてはなりません。

ii

ISOをMP4に変換 — ISOは標準的なCDでたくさんのVOB動画ファイルを含む画像ファイルです。ISOファイルは動画ファイルではないため、メディアプレーヤでは再生することができません。ISOファイルをスマートフォンやタブレット、ラップトップなどで再生したい場合には、適切なツールを使ってMP4ファイルに変換しなくてはなりません。

iii

TSをMP4に変換 — TS(Transport Stream)は、MPEG-2技術を使ってファイルの転送やデータ保存を行う標準形式です。通常はHDTVなどの放送システムに使用され、DVDに保存される動画用の動画配信ファイル形式でもあります。TS形式で保存された動画をより多くのプレーヤーやモバイル機器で再生するためにはMP4形式に変換する方法が良いでしょう。

評価: 4.3 / 5 (合計28人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: 動画変換関連知識, 音声兼動画変換 前回更新 2018/08/14

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る