WMAとは

前回更新 2016/02/25 更新者

WMAについて

Windows Media Audio、略してWMAはMicrosoftの上級研究員Henrique Malvarと彼のチームが開発した音声形式です。一般的には、WMAは形式またはコーデックのことを指します。また、iTunesで使用されていることから、現在ではMP3形式を脅かすほど人気の高い形式となっています。

種類:WMA

会社:Microsoft

周波数及び持続時間:320—112kbps

WMAにまつわる話

  • Microsoftは初代WMAを発表した時、WMAはファイルをMP3よりも高速で圧縮することができ、MP3の半分ほどのサイズで音声を作成することができると断言しました。しかし、この声明は特に音楽ファンから強い疑念を招きました。
  • WMAはもともとMP3の競合品として開発されましたが、その人気はMP3には及んでいません。
  • 初代WMAコーデックを基にMicrosoftはWMAプロ、WMAロスレス、WMAボイスを開発しました。しかし、こうした新しいWMAには異なるコーデックが使用されており、初代WMAとは互換性がありません。
  • WMAは低ビットレートでの再生結果を改善し、高い品質を保ちながら、比較的サイズの小さいファイルに音声を保存することができます。高周波ではうまく機能しませんが、英語のリスニングファイルを圧縮する際には最適です。

メリット:

  • MSはこれまでWMAを第8版まで発表しており、WMA 7以降では音楽著作権を保護するために認証付き暗号を採用しています。これにより、ミュージシャンやレコード会社は最も恩恵を受けているかもしれません。
  • WMAは音声を高速で圧縮することができるため、限られたスペースに高品質の音声を格納することができます。

デメリット:

  • 通常、WMAコーデックを使って音声を圧縮すると品質が若干損なわれます。WMAは、音質にこだわる人には決して完璧ではありません。そういった方には、FLAC(Free Lossless Audio Codec)またはAPE(別名:猿音)といった形式をおすすめします。
  • MicrosoftはWMAスタンダードを管理していますが、他のオペレーターとの互換性はありません。
1

WMA vs MP3

WMAとMP3は競り合っていますが、実際にはどちらが優れているのでしょう。WMAもMP3も人気の高い形式で、音声を圧縮してファイルサイズを小さくして簡単に配信することができます。品質が若干損なわれますが、長所もあります。WMAは簡単に配信できるため、多くのウェブサイトで使用されており、その結果オンラインユーザも増えています。高品質の音を限られたスペースに格納できるという特徴から、小さいファイルサイズでそれなりの品質を保ちたいという人には特に最適です。また、WMAはビットレート(時間単位毎に伝達または処理されるビット数のことで、ビットレートが低いとファイルサイズが小さくなります)が低くても素晴らしい働きをします。理論的には、ビットレートが128k以下の場合、WMAよりも音質が優れているものはありません。ビットレートが128kに達するとMP3は高周波を失いますが、これはWMAには起こりません。しかし、WMAはビットレートが128k以上に上昇してもそれ以上の音質の改善は見られません。一方、ビットレートが192kの場合にはMP3の音質がWMAに勝ります。

2

WMAファイルを再生できるプログラム

Windows Media PlayerWMP – Windows Media Player、Microsoftが開発したメディアプレーヤーおよびメディアライブラリアプリケーションで、(WMAを含む)音声や動画を再生するために使用します。

TTPODttpod – 効果的な完全無料な音楽ソフトウエアで、WMAを含む多くの形式に対応しています。

spotifySpotify – 音楽配信プラットフォームもまたWMA音楽を再生することができます。

foobarFoobar – Peter Pawlowskiが開発したFoobarもWMAに対応しています。

III. WMAファイルを再生できるオンライン音楽サイト

jango – このオンライン音楽サイトのライブラリは高品質の音楽が豊富です。

tunein – Bill Mooreが開発したTuneInには10万以上のラジオ局があり、WMA音楽も提供しています。

gaana – このウェブサイトには世界中から様々なスタイルの音楽が集められ、サイトのデザインも美しいため、一度使ってみると感動するでしょう。

live365 – インターフェースが簡潔で、多様な音楽を様々な形式で提供しています。

ポイント:オンラインで音楽を再生できても、保存する方法が分からない方は、「Apowersoftストリーミング音声録音ソフト」を使って携帯電話やタブレット、MP3プレーヤーに録音することができます。方法は非常にシンプルです。録音する前に出力形式としてWMAを選択し、開始ボタンをクリックして変換を始めます。これで、好きなだけ音楽を楽しむことができます。

IV. WMA形式の総合的解決法

i

音声をWMAに

音声形式をWMAに変換する方法はたくさんあります。その内、もっとも優れているのが「Apowersoft動画変換マスター」です。インストールしたら、ソフトウェアを起動し、音声ファイルをインターフェースに追加します。ターゲット形式であるWMAを選択したら、変換を始めます。音声をWMAに変換する方法について大まかに理解できたら、特定の形式からWMAに変換する場合について見ていきましょう。

MP3をWMAに – MP3もWMAも一般的に使われている音声形式なので、変換は非常に簡単です。

M4RをWMAに – M4RはApple機器にのみ対応している形式です。M4R形式の着信音を別の機器に転送する際には、M4RをWMAに変換するソフトウェアをダウンロードする必要があります。

ii

動画をWMAに

動画から音声ファイルを抽出し、WMA形式に変換するプログラムはたくさんあります。「Apowersoft動画変換マスター」もそのひとつです。このプログラムを使えば、以下のような変換が可能です。

MP4をWMAに – MP4はもっともよく使われる形式で、音声を抽出してWMAに変換することができます。

WAVをWMAに – WMVもまたMicrosoft社により開発され、WMVをWMAに直接変換することができるプログラムもたくさんあります。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2015/09/14 関連カテゴリ: 音声兼動画変換 前回更新 2016/02/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る