iPadに動画を入れる方法

電車やバスでの移動時間にiPadで動画を見る人は多いです。iPadに動画を入れるには、PCからiPadに動画を転送する方法とiPad動画ダウンロードアプリで直接ダウンロードする方法があります。本記事には、iPadへの動画入れ方とiPad動画ダウンローダーについて説明いたします。

目次

  1. PCからiPadに動画を入れる
  2. 人気なiPad動画ダウンロードアプリ

パソコンからiPadに動画を転送する

iTunesはiOSデバイスを管理する定番のアプリですが、使い方が複雑ですので、あまりオススメしません。ここでは、使いやすくて初心者に向いているApowersoftスマホマネージャーを推奨。それはiOSデバイス(iPhoneやiPad)とAndroidデバイスに保存されているデータを管理できます。もちろん、ファイルの転送も可能です。

スマホマネージャーを使ってPCからiPadに動画を送るやり方は以下のとおりです。

  1. スマホマネージャーをPCにダウンロードしインストールします。

    無料ダウンロード

  2. ソフトを立ち上げて、充電用ケーブルでiPadをパソコンにつながります。スマホマネージャーはiPadを検出し、接続を確立します。
  3. 「動画」タグを押します。続いて「インポート」ボタンを押し、PCから動画を選択してiPadに転送します。

    iPadに動画を入れる

  4. 転送完了まで待ちます。

ご覧のとおり、「動画」タブの他に、「音楽」や「画像」、「電子ブック」など多くのタブがあります。PCからiPadに音楽や画像などを入れる方法は、動画の入れ方と同じです。

オススメのiPad動画ダウンロードアプリ

使い勝手のいいiPad動画ダウンローダーがあれば、好きな動画はなんでも簡単にダウンロードできます。以下に評判の高いiPad動画ダウンロードアプリをピックアップいたしました。

Clipbox

iPadで動画をダウンロードできるアプリでは、このClipboxが一番使いやすいと思います。ClipboxはiOS / Androidで動作するビューアアプリです。PDF等のドキュメントはもちろんのこと、動画や音楽ファイルを簡単に保存できます。

clipbox

アプリ内のブラウザで検索したり、URL直接入力で動画のあるページを開いて、そこから簡単にダウンロードができます。

Mediatap

Mediatapはインターネット上にある「電子書籍」や「動画」をタップするだけで、簡単にスマホにダウンロード&保存してくれる超便利ダウンローダーアプリです。

Mediatap

ブラウザをタップし、アドレスバーにURLを直接入力、又は検索ボックスにキーワードを入力して検索します。

アプリの下メニューにある、下向き矢印のアイコンをタップすると、ページにある動画をダウンロード出来ます。アプリ内メニューの「ダウンローダー」でファイルのダウンロード進行状況が確認出来ます。

iSafePlay

Clipboxと同じくらい使いやすいです。フェイクのパスワードを設定できたりと、セキュリティ面で強いのが特長です。だが、その分機能が複雑です。

YouTube動画のダウンロードという面だけからみると、Clipboxの方がシンプルで使いやすくて良い感じです。

iSafePlay

iPhone・iPadを家族と共有していたり、身近に覗いてくるような人がいて、他の人に見られたくないような動画や画像なんかを保存したければ、こっちのiSafePlayの方が役に立つと思います。

App Storeの規約が厳しくなるため、上記のiPad動画ダウンロードアプリは削除される可能性があります。それで、iPadで動画をダウンロードするのではなく、パソコンで動画をダウンロードしてから、iPadに転送するほうが確実です。

評価: 4.3 / 5 (合計214人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2016-06-08 関連カテゴリ: 携帯管理ソフト

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る