MOVフォーマットとは?
コメント

MOVフォーマットとは?

前回更新 2015/10/19 更新者

MOV – 定義

MOV、クイックタイムプレーヤーのファイルフォーマットとして知られていて、1998年にアップル社によって生み出されて、開発されました。圧縮としてMPEG4コーデックを使って、異なるトラックを含めて、映画とビデオファイルを保存します。トラックそれぞれが一つ或いはそれ以上のコーデックでエンコードされる必要があります。他のビデオフォーマットと比べって、MOVファイルは所詮損失のある圧縮ですが、色々なメディアプレイヤーと編集ツールでの互換性が高いので、よく使わています。Macプラットフォームで使えるだけでなく、Windows PCでも問題なく実行できます。さらに、一部のDVCPRO(ハイデフのデジタルビデオ規格の一つ)ファイルもMOVビデオです。

ファイル名拡張子: MOV (QuickTime Movie)

カテゴリ: ビデオファイル

知名度: 開発者

開発者: アップル インコーポレイテッド

MOVについての事実

  • MOVは特にクイックタイムプレーヤーのためのファイルフォーマットだということは、Macで完璧に動作できるという意味です。
  • MOVフォーマットはアップル社によって作られました。その後、MOVを元に開発されたMP4も国際標準として広い範囲まで使用されるようになりました。
  • MOVもMP4も圧縮にMPEG4コードを使っているので似ている所がたくさんあります。なので、両者は同じアップルクイックタイム環境では交換できます。
  • MOVはパソコンやアプリケーションに認識されるフォーマットで今広く使われています。ファイル伝送に使うのが安全です。
  • MOVは基本要素を一つ一つ調整できるので、ビデオ編集とウェブ伝送に適しています。
  • MOVは複数のトラックを一つ一つ分けて保存します。音声、画像の品質と解像度を別々に向上させることができるので、編集をかなり易しくします。

メリット: MOVファイルは高い互換性を持って複数のプラットフォームで再生できる他に、サイズも小さいです。Mac、Windows、iOSとAndroidなど多くの異なるプラットフォームに認識されます。

デメリット: MOVは損失のあるビデオトラック圧縮方法を採用しましたから、ビデオの品質は元のと同じなわけがありません。MOVファイルのトラック(オーディオ・ビデオ・テキスト)それぞれが特殊のコーデックでエンコードされています。コーデックを認識できるという条件で、アプリケーションはMOVファイルをスムーズに再生できます。

1

MOV VS. AVI

MOVと違って、AVIはマイクロソフトに発行された古いコンテナーです。そのフルネームはAudio Video Interleaveで、損失のある圧縮方法でオーディオとビデオトラックを組み合わせるという意味です。AVIの品質にはあまり満足できませんが、高い互換性が故に非常に人気があります。今Appleユーザーがますます多くなってきて、MOVはたくさんの人々に受け入れました。Appleデバイスを使わない人にとって、AVIはまだ普通に使っているビデオフォーマットです。以下は2つのフォーマットの比較です。

品質: この2つのフォーマットはどちらも損失のある圧縮方法を用いるので、ファイルの品質にはある程度の損失があります。しかし、AVIの圧縮はMPEG 2を使用するに対して、MOVはMPEG 4を採用しています。技術的に言えば、同じビデオをこの2つのフォーマットに変換して照合すれば、MOVの方の品質がより良いことが分かります。

ファイルサイズ: 実際、MOVファイルにはオーディオとビデオトラックを含めているだけではなく、時々テキストトラックも含めています。例として、三分間のビデオを撮りました。MOVのは60 MBで、AVIのは45 MBです。明らかに、MOVの方はサイズが大きいです。ビットレートで比較してもいいです。パラメータが高いほど、ファイルサイズも大きいです。MOVのビットレートは総計2900 kbpsで、AVIの方はただ456 kbpsだけです。

互換性: 上述の通り、Appleユーザーでない人には、AVIはまだ再生と転送のための主なビデオフォーマットの一つです。iPhoneとMacなどのAppleデバイスが好きなユーザーの間では、MOVはたくさんの擁護を勝ち取りました。

2

MOVファイルを開けるプログラム

QuickTime playerApple QuickTime Player – MOVはApple Quick Time playerのために開発されたので、明らかにそれがMOVビデオファイルを再生するに一番ふさわしいメディアプレイヤーです。

Windows media playerMicrosoft Windows Media Player – Microsoft Windows Media PlayerもMOVビデオとの互換性がいいです。つまり、他のソフトをインストールしなくても、Windows PCで直接MOVビデオを開くことができるということです。しかし、10とそれ以降のバージョンしかMOVの再生ができません。

VLC playerVLCメディアプレイヤー – VLC、VideoLan projectにより発行されて、オーディオとビデオファイル、ディスク、ウェブカム、デバイスとストリームをサポートする有力なメディアプレイヤーです。さらに、MacやWindowsなど複数のプラットフォームでインストール可能です。このプレイヤーを使ってMOVビデオの再生もスムーズにできます。

Roxio Creator – Roxio Creator(前のEasy Media Creator)とは、MacとWindowsの両方で使える人気のマルチメディアソフトウェアです。ビデオ、オーディオ、イメージなどを編集することができます。

CyberLink PowerDVD – PowerDVDとは、UHD 4Kと3D ビデオが再生できる上級のムービーとメディアプレイヤーです。クイックタイムムービーの再生にも使えます。メディア管理ツールもあって、参照、検索、共有などの様々機能があります。

3

MOVフォーマットの変換の例

i

WMVをMOVに変換 – WMV、そのフルネームはWindows Media Videoで、よくストリーミングビデオに使われていますが、互換性の問題でAppleデバイスのユーザー達を満足させることができません。この問題を解決するために、ユーザー達はWMVをMOVムービーに変換する傾向があります。

ii

AVIをMOVに変換 – AVIは多様なストリーミングオーディオとビデオに対応するコンテナーフォーマットとして考えられています。Windows PCでは問題なく作動できますが、Appleデバイスとアプリケーションではそう順調に行けません。Macで再生したいと思うなら、AVIをより適応するフォーマットに変換するほうがいいです。MOVは一つのいい選択です。

iii

VOBをMOVに変換 – VOBはDVD仕様の「Video Object」として名付けられました。デジタルビデオ、オーディオと字幕を含むDVD-Videoメディアのコンテナーフォーマットです。品質がいいですから、ユーザーはよくそれをDVDに焼きます。しかし、VOBは時々MOVファイルよりサイズが大きいです。例えば、同じ2時間のビデオで、VOBの方は4.7 GBで、一方MOVはただ2.4 GBです。なので、ストレージを節約するには、VOBをMOVに変換するのが有効的な方法です。

iv

SWFをMOVに変換 – SWF、small web formatの略称で、一般的に動画、ビデオと音声をインターネットへの転送に使われているAdobe Flashファイルフォーマットです。実際、SWFファイルの多くはAdobe Flash Playerでしか見れません。クイックタイムやiPhoneのようなポータブルデバイスなど、広く用いられているマルチメディアプレイヤーは、SWFファイルを認識できません。とにかく、SWFをMOVへの変換は制限を簡単に打ち破れます。

v

MP4をMOVに変換 – MPEG-4として知られて、MP4はビデオとオーディオデータを保存するのに使う人気のフォーマットです。技術的に言えば、MOVフォーマットを基礎として作られました。ちなみに、MP4はよくインターネット上でのビデオファイルの共有に使われています。しかし時々、ウェブサイト上のMP4はiPhone、iPad、iPodなどのAppleデバイスで良く作動できない可能性があります。アップル社に開発されたデフォルトのメディアフォーマットとして、MOVのほうAppleデバイスのOSにより適応しています。Macのユーザーだったら、MP4の代わりにMOVを再生するのはもっと安定で、安全です。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2015/09/14 関連カテゴリ: 音声兼動画変換 前回更新 2015/10/19

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る